自分で気付けるようになるまで訓練する

悪魔に支配された時間

今日はちょっと落ち込むことがあった。

やる気がなくなって、数時間何をするでもなく過ごしてしまった。

憂鬱な時、動かないというのも本人にとっては不快な状態なのだ。

動かないから血流が悪くなって、思考力も低下し、今の自分の状態を客観視できなくなるという悪循環にはまる。

数時間経って、ハッと気付いた。

行動に気をつけよ、と。

今の自分の思考、行動が固定化する。

そしてそれが習慣化すると。

それは勘弁だと思い、スッと立ち上がり、なんでもいいから体を動かそうと思えた。

波動を変えるのは自分自身

自分の今の波動が、継続する。

だからよく、言葉に気をつけよ、思考に気をつけよと言われているのだ。

それこそ、運命を変える方法である。

それがみんな出来たら苦労しないというところもある。

それで、悟っている人に「どうしたらできるんですか?」とすがったりする。

それは残念ながら、他人はどうしてあげることもできないのだ。

自分をほんとうの意味で救えるのは自分自身だけだ。

やはり、日々の生活の中で、気をつけて訓練を続けるという意識が大事になってくる。

今日の私のように、打ちのめされて立ち上がれなくなる時間帯もあるかもしれない。

でも、それから抜け出すことが出来さえすれば、”今”の感情、波動が優先されるから、今この瞬間から生まれ変わって生きることができる。

今さえしっかりしていれば、過去の影響は排除することができる。

今、この瞬間どうであるかが、未来を決めていくのだ。

今の自分の状態に気付くには

そういった意味で、自分を見る訓練というのは必要になってくる。

大多数の日本人は、一日の中で自分を省みる習慣を持たない。

日本人だけでなくて、人間自体がそういうものかもしれないが、外国は宗教という型があるから、自分の内面に目を向ける習慣を持つことができる。

昔の日本人は、肚、腰が出来てたから、身体感覚という部分を頼りにして自己を意識していたと思うが、今はそれもなくなってしまった。

一日中外からの刺激に反応し続けてれば、気が狂っても仕方がない。

苦しくて、メンタルが潰れそうな人だけが、救いを求め、常識外の教えを探し求め始める。

でもいいのだ。スピリチュアルに行き着いた人は、運良く人間として収まるべきところに収まったと言えるのだから。

考えてみて欲しい。

今までの地球上のどの文明を見ても、神を信じていた証拠が残っているではないか。

つまり人間の健全な精神にとって、神は必要であり、今の日本人に置かれた状況は、精神にとって言えば不幸な状況であると言える。


様々な本から様々な角度により学べ

スピリチュアル的な理解を深めるために、様々なスピリチュアル系の本を読むのは効果があると思う。

読んでいてあなたは気付くと思う。

みんな結局言ってることは同じじゃないかと。

そうなんだが、著者によって理解度が違ったり、表現力の差があって、こちらが違ったように受け取ってしまったりする可能性はある。

だから、色んな著者に触れたほうがいい。

それぞれの人間は、それぞれの世界観があるので、全く同じ表現を使わない。

それが、色んな角度から真実に光を当てることにつながるのだ。

聖書

最近は色んな読みやすい本も出ているが、やはり私が多くを学んだのはこの本だ。

Amazonで生田 春月の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

スピリチュアルと言ったらまた違うかもしれないが、宗教に興味がなくても、全人類必須の教養書である。

たくさんあるので、自分の読みやすい文体のものを選べばいい。

私はこの本は、100年連続ノーベル文学賞を取れるくらいの最高傑作だと思っている。

というか、言っていることが人間が考えたとは思えないのだ。

まあ、実際神の子イエス・キリストの物語であるからなのかもしれないが。

宗教書としてだけ扱われるのはもったいない。

自己啓発本としてでもいいから、もっと広く読まれるべきだと思う。

過去の記事で、私が影響を受けた聖書の記述について書いている箇所がある。

ごくごく根本的な質問から入りたい。 あなたの親は誰か? おそらく、100人中100人が当然、父や母を思い浮かべるに違いない。 ...
なぜ人生とは辛いことばかり起こるのか。 そして、理不尽にできている。 ビクビクしながら過ごしていた少年時代 自分は小学生の頃、こん...

老子

他にはやはり老子だろう。

Amazonで五井 昌久の老子講義。アマゾンならポイント還元本が多数。五井 昌久作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また老子講義もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

老子そのものを読むと難解過ぎるし、学者の解説書だと、どうも本来の老子の言わんとしていることを常識的な考え方で解釈してしまっている。

五井昌久さんが解説したこの本であれば、非常にわかりやすく書かれている。

五井さん自身が真実を知る人であり、老子が言わんとする所を正しく捉えて書いているからだ。

5つの約束

そしてこの本も繰り返し読み込んだ本だ。

Amazonでドン・ミゲル ルイス, ジャネット ミルズ, ドン・ホセ ルイス, Don Miguel Ruiz, Janet Mills, Don Jose Ruiz, こまい ひさよの五つの約束―自己修養のための実用ガイド。アマゾンならポイント還元本が多数。ドン・ミゲル ルイス, ジャネット ミルズ, ドン・ホセ ...

言葉は記号であり、ある時期から、言葉が脳の中でひとりでに喋りだすようになる。人間はそれが幻想であることに気づかない。

また人間は生まれた瞬間から、世の中の人間からあらゆる洗脳を受けて育ち、真実とかけ離れた世界観を作り出す。

その仕組みについてとてもうまく説明してある本だ。

5つの約束全てを意識して生活すれば、現実に悟りに近づいていくことだろう。

「この世界は努力や実践が必要だ」というようなことも書かれていて、まさにその通りで、本で知識を得ても、それを身につける努力をしなければ何も変わらない、という当然の事実を改めて教えてくれる。

読めば読むほど、新たなフェーズの理解が進むと思う。

すでに愛の中にある

Amazonで大和田菜穂のすでに愛の中にある―個人のすべてを失ったとき、すべてが現れる(覚醒ブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。大和田菜穂作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またすでに愛の中にある―個人のすべてを失ったとき、すべてが現れる(覚醒ブックス)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そしてこの本は、一度しか読まなかったが、十分である。

私はいない。ということに関しての感覚を、著者の表現を通じて呼び覚ましてくれる。

また、真実とはシンプルなものであり、著者の言うことが何度も繰り返しになってしまうのも仕方のないことなのかもしれない。

悪魔を出し抜け!

Amazon.co.jp: 悪魔を出し抜け! eBook: ナポレオン・ヒル: Kindleストア

何と言っても、ヒプノティックリズムという考え方は、今まででどの本にも書かれていなかったし、引き寄せの法則を、理屈で説明した貴重な本だと思う。

本当に宇宙には引き寄せの力が働いているんだと、心から納得して引き寄せが出来るようになるはずだ。

道は開ける

AmazonでD・カーネギー, 香山 晶の道は開ける 文庫版。アマゾンならポイント還元本が多数。D・カーネギー, 香山 晶作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また道は開ける 文庫版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この本はスピリチュアル本ではないが、この本の中での一節に、

祈ることで、宇宙の歯車とつながる

と書いてある箇所があったのだ。

デール・カーネギーは熱心なキリスト教信者というわけでは無さそうで、実践的な人物だと思うが、こういったことは、日本人の多くは理解していないことなので震撼した。

なぜ、アメリカが世界の王者になっているか、それは根底にキリスト教があるからなのだろうな、と思った。

祈り(日本で言うと瞑想)の力を理屈で理解し利用している国民に、人間一人の力で対抗している(現代の)日本人が敵うわけがない。

宗教のない日本で、精神性の重要度に気付いている人口は全体から見て僅かだ。

そういった意味では、型という宗教の有効性も感じた箇所だった。

型があれば、精神性への理解が不十分であっても、型に乗るだけでそのメリットは享受できるからだ。

 

もっともっと、本は読み漁ってきたはずなのだが、意外と印象に残っていないものばかりのようだ。

沢山の本のエッセンスが血肉となって、今の自分に息づいているということだと思う。


人間はどんな行為でも自己正当化する生き物だ

一回の行動でも心理に影響する

自分の取る行動に気をつけよう。

一回した行動は、後々に影響してくるから。

それが直感でわかっている人間が時々いる。

そういった人間は、子供の時なら、万引きを誘われても断るし、タバコも周りが吸ってても自分は吸わない。

多くの人間は、バレないから平気、一回だけなら平気、ということで、色んな悪さを経験する。

人間の心理は、行動に影響を受ける。

人間は自由意志で物を考えているのではない、ということは現代では常識レベルになってきている。

自分のした行動に、心理が引っ張られるのだ。

自分のした行為は正しいと思う

自分の行動は、自分の意思で選択したと錯覚しているから、自己正当化を始める。

そして、その行動が強化されていくのだ。そしてやがては習慣になる。

危ういものには一度たりとも手を出さない、というのは、もはや理屈じゃないんだろうが、心の尊さすら感じる。

現代の損得勘定では理屈に合わない思考だからだ。

例えば、女性は、お付き合いをしていない男性と一夜を共にすると、その男のことを好きになってしまうことが多い。

これは上の仕組みで説明できる。

「まだ付き合ってない男とHをしてしまったのは、朝起きてみたら少々不本意だけど、私はそんなに安い女じゃない。そう、あの男のことが、実は好きだったんだ。」

と思考を巡らせて、数日後には男に連絡を取るのである。

これが、ヤリチンばかりがモテて、誠実にしている男は一向にモテない理由だ。

くれぐれも、自分の行動には注意しないといけない。

なりたい自己イメージを描いて、それに合った行動をするべきだ。

自分を貶すようなことはしてはならない。

バレなきゃ構わないということは無いのだから。

どこでどう影響してくるかわからない

どうも、自分の行動は見える人にはバッチリ見えてしまっているらしい。

星空に、自分の行動が全部書かれてるとしたら、それは恐ろしいことじゃないか。

占い師に見てもらって、そんな気持ちになった人は多くいるはずだ。

バレなきゃオッケーってことはない。

どこかわからないところで記録されているかもしれない。

何より、間違ったエネルギーの使い方をすべきじゃない。

自分のためになるように、考えて使っていかないといけない。

良い習慣が増えるように。


悪い習慣をやめるには

全てはエネルギーである

私達の世界は、エネルギーで成り立っている。

あらゆるものの存在自体がエネルギーで出来ているというのもあるし、いろんなベクトルの力が影響しているというのもある。

そしてエネルギーは固定化に向かう法則も成り立っている。

慣性の法則というのが例に挙げられる。

一度加えた力は、その後永遠に一定にかかり続ける。

我々が感じている重力もそうだ。

地球の中心へ引っ張られる力は、日によって変わるということはない。一生同じ力で私達を引っ張り続ける。

また物体としてのエネルギーもそうだ。石が水になったり、木が金になったりは絶対にしない。

習慣もエネルギーの一つ

私達人間には、生活していく上で大きく関わるのは、習慣の力だ。

私達一人ひとりが、ユニークな習慣を持ち、その習慣に沿って毎日暮らしている。

時々習慣から外れたことをしても、また習慣のエネルギーの中に戻っていく。

習慣の軌道に戻す力は、宇宙の法則の力そのものなので、非常に強い。

だから、悪い習慣がわかってても簡単にはやめられない理由となる。

私は朝が極端に弱い。

早起きなんか出来た例がない。

朝が辛いから、職場のすぐそばに家を借りるくらいだ。

私だって朝早く起きたい。

でも、無理なのだ。

なんとか、習慣の軌道から少しずつ外れて、早起きという新しい軌道に乗りたいと思っている。

悪い習慣の軌道から頑張って外れていこう

このように、習慣からはずれようとする時は大きな力が必要となる。

ロケットが地球の外へ出るために、大変なパワーを必要とするようにね。

なにか新しいことを始めるときが、一番エネルギーを必要とする、とよく言われるが、そのとおりだ。

でも、最初頑張ってしまえば、その力にも慣性の法則が働くので、進み始めたら楽になってくる。

しかし、生活習慣のような、何年もかけて固めてきた習慣は、軌道への引力も半端ないから、また磁石のように元に吸い込んでくるし、やり始めたばかりの行動は、まだエネルギーが固まりきってないから、すぐに元通りになってしまったりする。

これが三日坊主になる仕組みだ。

毎日走っている人、毎朝弁当を作ってる人、これらはやってない人からすると、すごいことに思えるのだが、当人としては、もう当たり前のことであり、やらないと気持ち悪いというくらいになっているのだ。

このように習慣づけされると、逆に力はいらなくなる。

ぜひ、みなさんも創造力を発揮して、新たな習慣を作り、運命を少しずつ変えていこう。

私も、早起きを頑張る。


スポンサーリンク