薄れるこの世への執着

この記事シェアする

マインドフルネス

もし命が絶たれても、もういいかなって、今なら思えるかもしれない。

死ぬ直前まで上がるかもしれないけど、もう命が尽きる直前になったら、観念して静かに私を待つかもしれない。

辛いこと、悲しいこと、本当にいろいろあったから、あの世に行くことになるなら、もういいかな。

やっと楽になれる、そんな感じかもしれない。

こう思えるのは、今が安全だからかもしれない。

もし銃を突きつけられたら、必死で命乞いするのかもしれない。

そんなことを考えてしまう位、なんだか疲れている。

他者は自分の作った幻想か

他の人は、そんな風には思わないのかもしれない。

てか、他の人なんてわからない。

他の人の人生と言うものが存在するかどうかもわからない。

存在するかもしれないし、存在しないかもしれない。

真実かどうか証明できないのだ。

前に、私は彼女にこういったことがある。

「君は本当はいないのかもしれない。意識のある人間は俺だけかもしれない。」

そしたら、彼女はこう返事をした。

「私は、いるよ。」

そう相手が言っても、真実は闇のままだ。

そういう意味で、人生とは孤独なものだ。

他者がいるというのは思い込みで、本当はこの世界は自分1人だけなのかもしれないのだから。

他者というのが幻想なのだとしたら、自分と言うものもまた幻想に違いない。

自分という幻想とは付き合っていかないといけない

しかし、この自分と言うクオリアはとてもとてもリアルで、無視するって言う事はできないね。

生きている間は、これと密接に関わっていかなければいけない。

生きると言うのは疲れることだ。

でも、この辛さを分かち合う相手というのはいない。

私は誰に向けてしゃべっているのだろうか。

誰もいないかもしれないのにね。

ちょっとした遊びのようなものなのだ。

人生とは空であり、幻想なのだから。

とにかく、この世界は不思議なものだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする