生きる目的を決めてしまおう。そうすれば頭の中がシンプルになる。

この記事シェアする

生きる目的 ミッション

目的意識を持って生きてるフリ、してない?

あなたの生きる目的は何だろうか?

そう聞かれてすぐに答えられるだろうか?

「私は、貧困を解決したい。だからNPOを立ち上げ、少しでも恵まれない人達の助けになりたいと思っている。」

そういう風に、確固たるミッションがあれば本当に幸せなことだと思う。

ウェブ上の記事や、テレビで取り上げられる人物は、決まって輝かしいミッションを持って私達の前に現れる。

そういった人たちの輝きを見て、素晴らしいと思う反面、自分を省みた時に、いかに自分自身が情熱のない生活を送っているかと、残念な気持ちになってしまう。

メディアばかり見ていると、みんながミッションを持っていて、それと比べ何も熱くなるものを持てない自分が情けなくなってきてしまう。

メディアで取り上げられるのは少数側だから

事実は違うのだ。

ミッションを持って輝いて生きているから、メディアで取り上げられる。

実際に、確固たるミッションを持ってる人なんて、そうそういるわけではないのだ。

ほとんどの人が、目的意識もなく、ただなんとなく日々の生活を過ごしてるんであって、何もそこに罪悪感など感じる必要はない。

ミッションを持つのは本来とても難しいこと

常々言ってきていることだが、人間が生まれ死んでいくことに元々意味なんてないんだ。

その意味のない人生において、意味を見出すことのほうが、難しいことなんだ。

しかし、だからと言って、意味のない人生を甘んじて生きることも人間はできない。

自分の人生に何か意味があったと思いたいのが人間だからだ。

何か、自分が生きていたんだという爪痕を残したい。

でも、答えは見つからない。

「私はこれで生きる!」と宣言しろ

それだったら提案がある。

夢中になれるものが見つからないのなら、いっその事自分で生きる目的を決めてしまったらどうか?

「自分はこれで生きていく!」

と宣言してしまうのだ。

そうすれば、少なくとももう迷いはなくなる。

毎日、すべき行動がはっきりする。

私の場合は、「経営者と投資家として生きていく。そして望む年収を手に入れる。」と決めた。

それが正しいかとか正しくないとか、成功する可能性がどうだとか、人に自慢できるとかそうでないかとか、そういうことじゃない。

もう、自分はこう生きる、と決めたんだ。

自分で生き方を決めて、それに情熱を傾ける。

そんな生き方でも、充分に熱く生きられるんだよ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする