愛が欲しければ、こちらから愛を与えよう【求めても引き出せない】

愛を与える 人間関係

好きになってくれるよう迫っても上手くいかない

好きな人ができると、相手も自分に気持ちがあるのかどうか、不安に思ったりする時もあると思う。

その気持ちはごく自然なものだ。

しかし、その気持ち通りの言動を取ってしまうと、相手は引いてしまう。

「私はあなたのことが好きなんです!あなたは私のことをどう思ってますか!?」

などと強く迫ってしまうと重く感じてしまい、逃げたい気持ちが出てきてしまうものだ。

基本的に、他人の気持ちはコントロールできないと認識すべきだ。

人は、コントロールされそうになると、そこから逃げ出そうとする心理が働く。

気持ちは強制されたくなく、自由な状態でいたいものなんだ。

なので「なんで俺のことが好きじゃないんだ!」なんて怒ったりしたら、もう完全にアウトだから気をつけたほうが良い。

でも、やってしまいがちなんだよね。

スポンサーリンク

相手のことが好きならば、こちらから愛を与えよう

では代わりにどうすべきかと言うと、こちらを好きになってもらうよう仕向ける方がいい。

相手に好きになってほしいんだから、好きになってもらえることをすればいいじゃないか。

相手に迫っても、好きな気持ちが芽生えることはない。

自分の感情はぐっとこらえて、実利を求めようじゃないか。

結局、北風と太陽の逸話通りなのだけど、

愛を求めるのではなくて、愛を与える方がいい。

愛が欲しいなら、相手から愛を求めるのではなく、むしろ与えよう。

こちらからは与えるが、見返りは求めない。

相手がそれに対してどう反応するかは、相手の自由だよ、ということだ。

こちらから与えよ、というと、独りよがりになる人も出てくるかと思うが、それも違うから注意しないといけない。

相手にとって心地よいと思える与え方をするんだ。

人の心を動かす方法があるのだとしたら、これになる。

スポンサーリンク

人の活動だから、ビジネスでも同じ

ビジネスも人同士で行われるものなので、同じ原則が働く。

あなたが商品を営業しているとして、買ってください、買ってくださいであれば、お客から相手にされることはない。

購買という結果が欲しいからと言って、それを相手に求めても駄目なんだ。

お客から買いたいと思わせるように仕向けなければいけない。

うまい営業は、決して契約の話を持ち出さず、相手に好きなだけ話をさせるというエピソードもあるくらいだ。

つまり、相手から愛を奪おうとせず、こちらから愛を与えられるならば、恋愛も、ビジネスだって成功できる。

要はサービス精神があるかってことだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました