ただ生きているだけで、十分素晴らしい

ただ生きているだけで 生き方

私達人間は、本当はただ生きているだけで十分なんだ

人間は本来、ただ生きているだけで十分素晴らしい。

私達は、この前提を忘れてしまう。

本来、私達は、ただ母親の中から生まれてきただけで、喜び感動されたはずだ。

私達がこの世の中に誕生したというただそれだけで、愛され、祝福を受けたはずなんだ。

しかし、年齢を減るにつれ、私達の元々持っている価値というものが、周囲の人から忘れられてしまう。

行儀よくしていなきゃだめ。

ちゃんと宿題をやらなきゃだめ。

お手伝いをしないとだめな子。

こういうような条件付けが増やされていき、愛とは条件を満たした場合にのみ与えられるものと変わっていってしまう。

しかし、前提は何も変わっちゃいない。

私達人間は、ただ生きているだけで十分素晴らしいのだ。

参考人間の価値は表面的なことでは決まらない

スポンサーリンク

社会の価値基準は、人間があと付けで決めたに過ぎない

なぜならば、ああしなきゃだめ、こうしなきゃだめという様々な条件というのは、人間が後から決めたものに過ぎないからだ。

本来私達人間は、存在させられているものであり、そんな人間社会の中だけの条件などによって私達の存在が揺らぐようなものではないからだ。

何かをしなければ、例えば、仕事をしなければ人間としての価値がないという見方があるとしたら、そんな見方はでたらめである。

仕事をしようがしまいが、私達はすでに生きて存在している。

この世に生を受けているという事実が、まずもってとんでもない価値がある。

その価値があった上で、おまけとして仕事をするかしないかというのが出てくるだけだ。

私達は、生かされている。

言ってしまえば、神様のような存在によってこの世に生をもたらされている。

もう、存在しているだけで、生きているだけで100点満点なんだ。

その上で、生きている最中に何をするかは自由で、100点にプラスされていく。

でも、満点が100点だから、例え何もしなかったとしても十分素晴らしいんだ。

他の生物はただ生きているだけで価値があるのに

人間以外の他の生物を見てみてほしい。

ただ、生きていくために生きているだけではないか。

他の生物はそれで許されて、人間だけはただ生きているだけでは許されないというのは道理が通らない。

人間も、他のあらゆる生物と同じように、ただ生きているだけで価値があるんだ。

だから安心してほしい。

かと言っても、私達は人間社会の中で生活せねばならない。

私達は本来の圧倒的な価値があるにもかかわらず、人間は比較しあって、元々自然界にない基準を設け、勝手にも人間に対して価値付けを行い続けている。

そんな奴らの考えは変えることはできない。

私達は、自分で自分を励ますために、人間の本来価値について認識すべきなんだ。

そう、私達自身が人間の本来価値を理解していれば、それでいいんだ。

私達は、他人を変えることはできない。

いや、変わってほしいと説得を試みることはできるが、その結果考えを改めるかどうかは当人次第だ。

確実に変えられるのは自分だけだ。

私達はただ生きているだけで素晴らしい存在なのだけれど、人間社会の中で、人間が作り出した情報空間の中に縛られ、一定のルールに則って暮らしていく必要がある。

その中で、私達は、自分たちという存在を過小評価させられてしまう。

本来、ただ生きているだけで祝福されるべき存在なのに、こんな小さなルールの中に押し込められて、ラットレースに巻き込まれて、本当に頑張っているね、と自分を励ましてあげるべきなんだ。

やりたいことに挑戦してみよう。駄目でも全然OK

人間は、例え生産的な何かをしなくても、ただ生きているだけで素晴らしいのだが、私達は脳を持っているがゆえに、何もしないと退屈に感じてしまう。

生きていく上で何かをしていないと面白くないのだ。

だからやりたいと思うことを、思いっきりチャレンジしてみればいい。

それでうまく行けば嬉しいし、万が一うまく行かなかったとしても問題ない。

もともと100点満点から始まっているのだから。

失敗したって全然OKなんだ。

ただ生きているだけで十分素晴らしいんだから。

参考【ただなんとなく生きてちゃもったいない】元気が出る生き方を選ぼう

スポンサーリンク

ただ生きているだけで大丈夫だと励ましながら生きていこう

私達はどうしても世間の中で生きていかなければいけない。

社会の評価というものにさらされて生きている。

一丁前と言われるほどのハードルは、必死になって頑張ってようやくたどり着けるレベルのようだ。

人間として一人前になるには、こんなにも努力が必要なのか・・・?

おかしいんじゃないかと気づいたあなたは、正しい。

私達は本来ならば、この世に存在しているだけで万々歳。

生きているということだけで祝福されて然るべき存在なんだ。

愛情に条件を付けるのは、人間社会のみの話だ。

そんなものは幻想でしかなく、あまり本気にしすぎないほうがメンタルのためにも良い。

私達には本来価値があるとは言っても、社会が変わるわけでもない。

私達は、もともと必要のない努力を強いられている自分自身を「よく頑張ってるね」と励ましながら、この人生を全うしていこうじゃないか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました