報われるまでの努力とは【成功までに必要な努力の量】

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

報われるまでの努力

何かの技術習得に打ち込む経験は、誰しもが経た方が良い。

この日本社会は、本当の努力もせず、なんとなく生きて来れてしまう。

だから、自分は努力をしたと思っていても、それは本当に頑張りきったのかどうかはわからないのだ。

他人の努力と比較する術は無いしね。

義務教育も悪くはない

義務教育で得られる経験は、そういった意味では無駄にすべきではない機会だと考えている。

部活動であったり、受験勉強であったり、その時は必死に打ち込んだら良いのだ。

1つの学びを得るために、どれだけの力の入れ具合が必要なのかと言う感覚が身に付くから。

義務教育には色々と問題も指摘されることが多いが、子供の適切な成長のためには、とても良い機会とすることができる。

リコーダー1つ取ってみてもわかる。

完璧に吹くために、どれだけ繰り返し練習が必要なんだろうか。

中途半端では本番の発表でミスなく吹くことができない。

大多数の学生たちは、なんとなく平均点をとることでうまくやってきちゃうのだが、ごく一部の優秀な学生は、技術習得のために必要な努力量を肌感覚で知る。

それが、高校、大学、そして社会人へと、大きく差が開いていく原因となる。

本当の努力とは、報われるまでにどれくらい要するか

本物の努力をしたことがない人間は、頑張ったつもりになって、ちょっとやったらすぐに疲れて諦めてしまう。

成功に必要な努力量が分からないから、知らないから、ちょっとやって無駄じゃないかと思ってしまう。

何か1つのことに打ち込んで、達成感を得る経験。つまり、成功体験が必要だ。

1つの道に秀でた人間は、それ以外の分野を手掛ける時でも、成功に近い形でやり抜く可能性が高い。

なぜなら努力量を知っているからだ。

これはあなたの人生を助けるはずだ。

そのために必要な経験は、子供時代に培うことができる。

大人になってからでは、時間が少なくてなかなか難しいのだ。

大人になってから気づいた場合は、時間はかかるが今からでも遅くは無い。

必要性に駆られてって言う場合は、やっぱり入る力も変わってくるから。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします