自分の居場所を見つめ、現実との距離感を持とう

この記事シェアする

マインドフルネス

居場所を持つことにより距離感が生まれる

自分の居場所を持つから、客体との距離感を保てて、自分を保持することが可能となる。

ここで言う自分の居場所とは、意識としての自分の居場所である。

つまり、別の言い方をすると”いまここにある”ということだ。

もし、”いまここにある”という感覚がなければ、出来事に暴力的に振り回され続ける。

渦中にはまる。

距離感が保てないから、起こる出来事と自分が一緒になってしまう。

物事を客観視するとよく言うが、客観視できるためには、自分の居場所がないと無理だということはわかるだろう。

その場の状況の中にいるのではなく、それを上から俯瞰するような居場所だ。

出来事に反応して感情が想起される

起こる出来事に応じて、自分の感情が反応する。

その渦中にはまり込んで振り回されるのではなく、ホームポジションにしがみつこう。

それが、自己コントロールということだ。

今まで述べたことを、自然にやってのける人と、全く意識せずに感情に振り回されて生きている人がいる。

感情に振り回されて来た人、おめでとう。

そんな人は、自己コントロールの仕組みを知るチャンスを得たってことだ。

「知る」とは、わかっているということ。

つまりわかっていることが言語化でき、それを人に説明できるということだ。

わかっているということは、いつでも再現することが可能だということにもなる。

自分に目を向けさせる文化がない今の日本

欧米人と会話する機会を得ると、向こうの人の自己コントロール力に驚くことがある。

いつも明るく振る舞うこと。他人に対し、ウェルカムの気持ちを持つこと。

何でかというと、もしかしたら宗教が関係しているのではないかと考えている。

文化の前提にキリスト教があるから、自分を省みる習慣があるのではないかと思う。

日本は無宗教だ。だから、自分を見る習慣ができていない。

日記をつける人なら話は別だが、あまり多くはない。

そういったことで、今の日本人は、自己コントロール力に乏しく、状況に良くも悪くも振り回される。良い意味では、環境に適応しやすいとも言える。

欧米人と比べて、自分がないんだ。

自我としての自分ではない。この生命の中心点を自覚しているか否か、ということを言っている。

直に飛び込んでいくから、辛くなる

さあ、現実が辛い状況に思えるのなら、一刻も早く瞑想をし、自分自身を見つめよう。

別に瞑想をしなくてもいい。いつだってできる。

この、実在に目を向ける。

とりあえず、感情は横においておく。

現実に体当りしてたら、誰だって持たないよ。

この体の中心地から、距離感を持ちながら事に当たれば少しはマシになる。

そういった習慣を付けることが、メンタルヘルスにとっては、どうやら必要なことらしい。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする