将来の夢が叶わなかったら【人生は果たして一度きりなのか?】

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

ショック

普通は私達は、人生は一度きりだと信じている。

当たり前の前提として受け入れている。

しかし、果たして本当に人生は死んだらお終いなのだろうか?

死んでしまった人に確認を取るすべがないので、確認しようがないのだが。

将来の夢が叶わなかった時の辛さ

人生は一度きりであり、死んでしまったらそれっきり。

だからこの人生を無駄にするなかれ。

そういう考え方がよく叫ばれていて、そのような言葉を聞くと、私達も怠惰な過ごし方を恥じ、きちんと生きていかなければと考えを改める。

しかし、人生死んだら終わりだとする結果、様々な苦しみが生まれてくるとも言えるのではないか。

例えば、人生生まれたからには、結婚をし、子供をもうけたい。

マイホームの一軒は手に入れて、理想の家庭を築きたい。

そのような人生の成功イメージが作られ、それを人生の間で達成しようと各自努力に励む。

かつて野球の野村監督が言っていた言葉で印象的だったのが

俺も人生で一度は恋愛をしてみたかった

という言葉だ。

沙知代はそうじゃなかったんだ。。。。と思いつつ。

一度きりの人生なのだから、人の幸せとされているイベントを、人生のうちで経験しておきたいと必死になる。

そしてもし適齢期を過ぎ、その希望が叶わなければ後悔として残る。

死んだら終わりは本当か?

そもそも、前提は合っているのだろうか?

果たして人生は死んだら終わりなのか?

もし、死んでも魂は死なない。人生は続くんだとしたら。。。。

今生において、ムリムリ目標達成にこだわる必要がなくなるではないか。

今生は無理だったけど、また来世、嫁ができればいいや。

そんな風に思えて、気楽に生きられるはずだ。

人生一度切りだというのは、人間が人の人生を見て、そう判断しているものであり、概念上の話である。

人間の決めつけである。

他の動物は、自分の消滅を恐怖に思わない。

実は人間だけが生きている 本当の意味で生きられるのは、人間だけである。 これはどういう意味かをこれから説明する。 あら...

また、物理学上でも、有であったものが無に帰すということはありえない。

エネルギー保存の法則がこの宇宙には働いているから。

死後も魂はどこかに帰っていき、また新しい人間として生まれてくるかもしれない。

スポンサーリンク

とりあえず夢に向かって頑張ってみて、駄目だったとしても下を向かない

もちろん、今生を一度きりだと信じるからこそ、人間らしい生き方というのが生まれてくることは確かであり、素晴らしさもある。

しかし、将来の夢を叶えようとしすぎるあまり、苦しみが生まれるのならば、別の考え方もあるんだよと、ここでは言いたいのだ。

私達一人ひとりの魂は、どこかからやってきて、死んだらまたどこかへ飛び立っていく。

今生叶えられなかった夢は、次や、次の次の人生でも味わうチャンスがあると思えば、思い切り頑張った結果駄目だったとしても、それでおしまいだと打ちひしがれる必要もなくなる。

なにより穏やかに、前向きに生きる姿勢を持たないと、損だと思うのだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします