本当の意味で生きるには|あらゆる生物の中で人間だけが生きている

この記事シェアする

輝いて生きる

実は人間だけが生きている

本当の意味で生きられるのは、人間だけである。

これはどういう意味かをこれから説明する。

あらゆる動物、植物がこの地球上で生きている。

これは間違いないことなのだが、その一つ一つの生物達が生を意識しているかと問われれば、していない。

概念を扱うのは人間だけ

生というのは一つの概念である。

概念とは、言葉であり、言葉はあらゆる生物の中で人間だけしか扱わない。

ここで言う言葉とは、文字を伴った言葉のことだ。

会話を交わす動物は他にもいるが、文字は伴わないために、意思疎通の域を超えない。

つまり”生”という概念は人間の脳が作り出したものであり、人間しか理解しないものとなる。

ということは、人間以外のあらゆる生物は、個々に自由に生きているように見えるが、実際はそうではなく、大宇宙、大生命の中に取り込まれ、一体となって活動しているということになる。

つまり、”生”という概念を理解し得る人間しか、本当の意味で生きることはできない。

逆に”死”も人間以外の動物は意識することはできない。

年老いた犬は、死期が近づいていることを恐れたり、絶望したりしない。

死ぬ直前まで、ただ、今の生命を灯すことに集中するのである。

人間は、死の恐怖にとらわれてしまう。

自分の命がなくなることを想像してしまう。

それで生命の残っている今現在を、暗く生きてしまうのである。

生きるという概念を考えた人間だけが真に生きることができる

このように、概念を持っている人間だけが、大生命の中から抜け出し、自らの生を充実させようとすることができる。

そうできるのに、人間はその与えられた特権を放棄してしまう。

人間は忘れやすい生き物だから。

より良く生きようと決意しても、明日になったらその情熱はすっかり忘れて日常に忙殺されてたり、くだらない活動に時間を浪費してたりする。

それではいけない。

意識する、という人間のみに与えられている特権を使い、”生”を意識すべきだ。

そして、本当の意味で生きるべきである。

生きるとは何か。

少なくとも、ただ日常に流されて生きること、ただ心臓が動いている状態とは違う。

より良い人生、より良い一日になるように意識的に生活して、他の生命達とは違う生き方をしていこうではないか。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする