引き寄せの法則の効果がないなんてありえない!

この記事シェアする

お金を引き寄せる

こうなるのは誰しもが可能なことなのだ。

引き寄せの法則の効果がないなんてありえない。

引き寄せの法則は、常に機能している。

あなたが変われないのは、あなたが今の現実を引き寄せてしまっているからだ。

あなたの思考が過去に引きずられているから、今までどおりの現実を引き寄せているだけだ。

引き寄せの法則は常に機能しているのだから、真剣に思考の中身に注意を払わなければならない。

あなた自身が考えた通りのものを、引き寄せてしまうのだから。

常に自分の思考に注意を払っているか?

望む姿をイメージして引き寄せに取り組んでも、効果がなかったからと言って、引き寄せの法則自体を否定するのは違う。

それはうまく潜在意識レベルに刷り込みがいっていないだけだ。

一時的に夢の姿を思い浮かべたって、日常的には今までとなんら変わらない思考パターンで過ごしていれば、今までどおりの現実を引き寄せ続ける。

金持ちになった姿を想像したって、普段の生活では「金が欲しい金が欲しい」と今の金のない現実にフォーカスしてしまっていては、潜在意識は普段の思考通りに働こうとしてしまうだろう。

潜在意識はルールみたいなもので、決められたルールに従って仕事をするだけである。

そこを意識できれば、日常生活の中での思考内容に関しても、自分にとって不都合な空想は振り払う必要性があると理解できると思う。

引き寄せるにあたり、罠は二重にも三重にもある

以上の内容を理解できたとしても、私達にはもうひとつ、敵がある。

忘却だ。

私達は常にこれの餌食になっている。

どんなにいい本を読んでも、素晴らしいセミナーに行っても、それで感動してこれからは自分を変えていこうと決意しても、数日経てばすべて忘れて元通りの生活を過ごしている。

私達は忘却に対処する方法を考えなければならない。

潜在意識は常に働いていることを、忘れないようにしなければ、元の木阿弥である。

忘却に対処する方法は、復習だ。

大事なことは紙やスマホのメモに書いて、定期的に見返す仕組みを構築しておく。

そして忘却を促進するものは、疲れである。

日々の仕事で消耗させられると、極度にIQが下がり、抽象的な思考が閉ざされ、直近の欲望にしか目が向かなくなる。

それをしては駄目なのだ。

行為として行ってしまうと、自分はそういうだらしのない人間なんだと自分の脳が認識してしまうから。

だから、私達は疲れ果てないように体力も充実させておかなければならない。

引き寄せの法則は常に働いていること。

そのことを理解できたら、それを忘れないように何度も復習すること。

そして日々運動に取り組んで、栄養のあるものを食べて、気力体力を消耗しないような体作りをしておくこと。

人生を変えたければ、必要なことはやっていこうじゃないか。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする