【筋トレで人生が学べる】生きるということは意識的であるということ

人生は筋トレだ 生き方

筋トレと人生は似ている

私は体の線が細いので、最低限の筋トレを行うようにしている。

そして朝晩プロテインを飲んで、筋肉を育てている。

日々筋トレを行なっている中で、こんな着想を得た。

人間の肉体は、放って置くと、自然と緩み、たるんでしまう。

それを人間の意思の力で引き締めることが必要だと。

この原則は人生全てに言えるのではないか。

地球上には、重力が働いている。

私達が活動を行うには、その重力に逆らって、立ち上がって行動しなければならない。

人間は起きているとだんだん疲れてくる。

しかし、社会生活の中では、自分を叱咤してシャンとしている必要がある。

つい姿勢が悪くなってくるが、気をつけて背筋を伸ばしたりする。

この現象世界には、必ずある一定方向の力がバックグラウンドで働いている。

しかし、人間がこの世界で活動するということは、そういったバックグラウンドで働くエネルギーに逆らう必要があるということだ。

逆らうためには、自分の意思を働かせる必要がある。

自分の意思がどっかに行ってしまうと、ダラダラしてしまったり、猫背でボーッとしてしまったり、お腹周りがたるんできてしまったりする。

スポンサーリンク

生きているということは、極論として意識的であるということ

人間は、意思を行使している者のことをどうも魅力的に感じるようだ。

「凛とした佇まい」という表現がある。

意識的であって、姿勢が整っていることで、風景の中から切り抜かれたような存在感を発揮している。

そもそも、人間として生まれて生きているということは、全体からの束の間の分離を経験しているようなものだ。

もちろん、意識の世界では深いところで全体とつながっているというのは、ほぼ常識内のことだと思うけれども。

もともと水中で暮らしていた生物が、陸に上がって生活するようになったというようなニュアンスだ。

つまり自然の摂理に逆らっている。

もともと水の中で生きていたのに、陸に上っても大丈夫なように頑張っているのだ。

スポンサーリンク

筋トレで人生が学べる

そんな感じで、生きているということ自体が、全体とか、無限エネルギーと言われるような定常状態から、水面から飛び跳ねたトビウオのように、一瞬離れているようなものと言える。

生命として生きることはつまり、自由意志の力を行使しているんだということになる。

筋トレ一つで、そんなことが学べてしまった。

意思を発揮している人は、存在感があり魅力的に感じる。

バックグラウンドで働く力に負けないように、意思を働かせていきたいものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました