おとなしい人は反応的である【主体的な生き方の方が絶対お得だ】

おとなしい人は反応的 生き方

おとなしい人の特徴

おとなしい人は、楽しくなければ、別に笑う必要がないと思っている。

そして他の人と会話していて楽しいかどうかは、相手にかかっている。

相手がつまらない人間だと、こちらもつまらない。

なんか楽しいことないかな〜と、探している。

反応的な生き方なんだ。

自分から楽しく過ごすことができないからだ。

何かに楽しませてもらわないと退屈だ。

彼らにとっては、これらの反応はしごく当然のことと捉えている。

目に見える現実に則しているということになる。

現実に則していないことは、彼らにとって無駄でしかない。

無駄なことはやる必要がないと思っている。

結局、無駄なことをやらなかったとしても、代わりに有意義な活動をするかというと、絶対にそんなことはないのだけどね。

だから、自分を変えようとしない。

結局、楽しいことを探しても、自分から相手を楽しませるようなことをしないから、楽しい人はおとなしい人のことを好きになってくれない。

他人からすると、奪われるばっかりで疲れるんだ。

無表情で、自分からは何も楽しく振る舞おうとしない人間に、人は寄り付くだろうか?

スポンサーリンク

反応的な生き方と主体的な生き方

おとなしい人は、自分以外の外に価値を見出している。

だから、自分のことを気持ちよくしてくれる人、物に引き寄せられてしまう。

こういった生き方を「反応的な生き方」と言う。

反応的な生き方だと、非常に不安定だ。

だって、自分が楽しいかどうかは、外部要因にかかっているのだから。

自分の都合と関係ないところで、突然なくなってしまうかもしれない。

なので、失ってしまう恐怖は潜在的になくならないし、完全な安心を手にすることはできない。

楽しませてもらったものがなくなってしまうと、もとのつまらない自分に戻ってしまうから。

「主体的な生き方」に切り替えようじゃないか。

これは、自分から楽しくできる人のことを言う。

自分から始められる人だ。

自分から、笑顔で声を掛ける。

自分から、場の雰囲気を良くするよう心がける。

自分から、人に親切をする。

自分から、感謝できる。

人に先に与える。

スポンサーリンク

人間社会において、反応的な生き方だと損をする

ここで自称現実主義者は言う。

与えても、返ってこなかったら損じゃないか。

やれやれ。

そのあり方自体が、非常に損をしているということに、気が付かないのかな。

人間というのは、ものすごく他人のことを見ているものだ。

自分のことは見えないのだけれども。

出し惜しみしているというのは、すぐに看破されてしまう。

その結果、好意を引き出せないし、信頼も得られない。

この社会は所詮、人の集まりでできている。

だから、人というものに対して、もっと真剣にアプローチしていったら良いじゃないか。

現実主義とは、目先ばかり見ている人のことを指す。

もっと広い視野を持てば、目先だけを追ってたら、ひどい損失を被っていることに気がつくだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました