ホ・オポノポノは精神をニュートラルに戻す【ありがとうを唱える】

ホ・オポノポノ テクニック

「ありがとう・・・」とホ・オポノポノをいつも唱えている

感謝

私は、暇さえあれば唱えているマントラがある。

ホ・オポノポノだ。

これは「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛してます。」という言葉を繰り返すことでメンタルの浄化を図るものだ。

これを唱えることで、自我から抜け出すことができ、意識をクリアにしていくことができる。

楽しい感情でも、苦しい感情でもどちらでもなく、ニュートラルな状態に精神を維持させる試みだ。

自我に支配されている時は、脳が働いていない時なので、マントラを唱えることで脳を活性化箚せ続けることができる。

怠け者の脳を活性化させて妄想から脱出しよう
人間の脳がすぐに思考停止に陥る理由 脳は楽をしたがる。 脳は元来怠け者だ。 なぜなら、脳が活動すると大量の...
スポンサーリンク

良い感情だけをピックアップすると逆効果

晴れやかな心

感情に支配されている時は、たとえ楽しい感情であっても、自我によってもたらされるものであり、それはバランスを欠いている状態となる。

ポジティブシンキングという考え方があるが、物事には良い面と悪い面があって、その良い面だけを見ていこうとするものだと思う。

でもこれは実はスピリチュアル的にはあまりよろしくない。

精神とはなるべく静かに安定させておくべきもので、精神がクリアな状態になった時に、物事がうまく行きやすくなるからだ。

精神をクリアにするためには、どんなマントラでも良いのだけれど、私はホ・オポノポノが気に入っている。

理由は、日常で使う言葉だからだ。

だから唱えていてもごく自然だ。

スポンサーリンク

マントラは無心で唱えたほうが良い

マントラを唱える

そして、マントラには感情を乗せないほうがいい。

なぜなら、感情から離れたところに、精神の安定が存在するからだ。

「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛してます」と唱えるのだけれど、心の中で本当にそういう感情を感じようとしなくてもいい。

また別のスピリチュアル的な考え方で、感謝が大事というものがあって、「ありがとう」と何遍でも唱えなさいと言われてたりもする。

感謝の気持ちは確かに大切なのだけれど、「ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう。。。」とマントラのように言うのは逆効果につながるかもしれない。

ありがとう、と言うたびに感謝の気持ちを持とう持とうとしてしまったら、逆の引き寄せが起こる可能性も考えられるからだ。

その点においても、ホ・オポノポノはよくできている。

感謝と謝罪、両方の言葉が入っているので、一方に偏りすぎることがない。

日常生活を送っていると、外部から様々な影響を受け、心が乱れることもあると思う。

そんな時は、ホ・オポノポノを唱え、精神をニュートラルな状態に戻そう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました