マインドマップで一歩ずつ足元を確認する習慣を持てば強く生きられる

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

今足元はどうなってる?

自分の生きる指針というものを持たないと、足元がゆらいで満足な人生なんか送れない。

自分の立ち位置を一歩一歩確認するという言い方もできる。

そういったことを日々していく人が、自己実現を果たしていくんだと思う。

日常生活に忙殺され、本当の自分の気持ちに向き合ってこないと、ただこの社会の海に漂うのみの人生となってしまう。

この人生をどう描くか。それは皆できることなんだ。

日々立ち止まって、足元を確認する。

前だけ見て進んでいると、進んでいけはするんだけど、不安がつきまとい始める。

そういった習慣を付ける大事さを、社会が、大人が教えていない。

まあその大人たちも、みんな漂って生きていて、何も違和感を感じてないんだから、問題意識なんか出るはず無いんだけどね。

マインドマップで自分を見つめる方法

立ち止まって自分を確認する方法は、日記がある。

しかし日記ってのは続かないのは、私も重々承知している。

そこで私が気に入っている方法は、マインドマップだ。

mindmap

マインドマップは、天才の書いたノートを参考にして考案された手法だ。

マインドマップで毎日自分自身を見つめる作業を続ければ、自分自身を再認識し、自分の思いが自分で把握できるようになる。

しかもマインドマップの良いところは、天才の発想法であるだけに、ひらめきを誘発する。

PC用のマインドマップソフトもあるが、私はノートに手書きをおすすめする。

独特のひらめきは、手書きの方が現れやすい実感があるからだ。

とても自分では思いつかないような、きらめきを帯びたアイデアが下りてくる。

思考というのは、浮かんでは消えを繰り返しているようなものだが、マインドマップは、浮かんできたアイデアを捕まえて書くことで、フックしてしまう。

そうすると、そこから次々と関連するアイデアが脳から出てくるのを、助けてくれるようなのだ。

脳からアイデアを引き出しやすくする手法と言っていい。

そういったものをうまく使いながら、本当の自分自身というものをしっかりと認識し、また一歩一歩外へ歩み出していこう。

自分を見つめる時間というのは、我が家のようなものなのだ。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします