なぜ丹田を意識した方がいいのか|腹腔内の圧迫が軽減するから

この記事シェアする

丹田を意識する

丹田って、ナンダ??

よく丹田を意識するといいと言う。

しかし、これがよくわからない概念なので、未だに曖昧にしか捉えられてないのだが、昨日ちょっと理解が深まったところがあったので、記載しておく。

丹田というのは、へその下指三本分下ろしたところにあるツボ、ということになっている。

しかし明確に「ここが丹田である!」という決まりがないので、なんとなく腹部、もしくは臍下くらいに思っておいて大丈夫だ。

で、丹田を意識すると何が良いかと言うと、丹田を鍛えることで気が充実してくるということが言われている。

またその気というのも、とても感覚的なものであり、機械的なものに触れてばかりいる現代人にとっては、実感するのが難しかったりする。

ではどのように意識するのが良いのか、というのも不器用な人間にとっては悩みどころである。

ただ、意識を丹田あたりに集中していればいいのか、それとも力を込めるべきなのか。

丹田に力を込めると体はどうなるのか

結論としては、力を込めるべきだ。

臍下にぐっと力を入れることで、下っ腹が平らになる。

基本的にこの状態を維持するのがいい。

そして、意識も丹田に持ってくるほうが良い。

そうすると、腰が決まる感覚を実感できる。

背骨だけで支えていた下腹部が、体の前側の腹筋によって、前後からしっかりと支えることができるようになるからだ。

それによって下腹部が安定する。

そうすると、腹腔内の圧迫が取れることになる。

姿勢の悪い状態、腰骨が後ろに湾曲していてお腹が潰れている状態だと、当然腹腔内が圧迫される。

そうすると、腸の働きが落ちることになる。

丹田に力を込めた状態だと、さながら硬い容器に守られているような状態となり、中の柔らかい腸に負荷はかからず、本来の働きを取り戻すことができる。

東洋医学では、腸は気を食物から取り入れるという考え方であり、基本的にはほとんどの異常はお腹を整えて気を取り入れる力を回復させることで治療している。

腸に負担をかけない状態を維持することで、気の充実を促せる。

これは、西洋的に言うと、インナーマッスルを鍛えることでも同じような効果が出てくると思う。

インナーマッスルとは、体の内側の筋肉で、体を支えるのに使う筋肉であり、インナーマッスルを使って姿勢を維持するのであれば、脱力して骨だけに頼ってる時よりも当然腹腔内の負荷は下がる。

丹田を意識することで神経の通りも良くなる

また、丹田を意識することで、腰が決まり、自然と背骨がまっすぐになり姿勢が良くなる。

背骨には神経の束が通っているので、まっすぐになれば当然その通りも良くなる。

結果、脳の活性化に結びつく。

小学校教育の時点で、座る姿勢を正しくさせることは、その後の学力に大きく関わってくると考えている。

姿勢を良くするには、腹に力を込めよとも子供に教える必要があるので、そういった全般的なことが教育者がわかってないといけないが、現実にはなってないのだろう。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする