喉タイプのいびき対策をして、睡眠の質を改善する方法

いびき対策 テクニック

いびきにずっと悩まされてきた

私はいびきがうるさい。

眠りに落ちて意識がなくなると、筋肉が弛緩し、喉の筋肉も垂れて落ち込んでくっついてしまう。

鼻のいびきではないので、一般的ないびき対策グッズでは効果がなく、どうしたものかと考えていた。

呼吸の通り道である喉の空気の通りが妨げられているので、呼吸もスムーズでなく、睡眠の質が悪いのはいびきのせいではないかと疑っていた。

眠りの質が悪いと、当然日中のパフォーマンスにも影響しているだろう。

私は自己改善をテーマに生活しているから、いびきに関しても何かいい解決方法はないかと考えていた。

そしたら、やっと最近良いアイデアがポッと浮かんだ。

スポンサーリンク

今まで想像もしなかったいびき対策

いびき対策グッズを探してAmazonを見ていたら、首の方が高くなっている枕が売っていた。

直感で「これは効果がある」と思った。

その枕を見た時に、呼吸が止まった人を気道確保する方法のイメージと重なった。

呼吸をせず気を失っている人は、全身が弛緩し、気道もくっついているんだろうと思う。

顎を上方に持っていき、頭を後ろに倒すようにすると、気道が確保できるではないか。

人命救助で使われている方法なので、これは間違いない。

枕で頚椎を湾曲させて、顎が上に上がり、頭が下がるような枕であれば、同じように気道が通るようになるはずだ。

これでいびきを改善し、睡眠の質を高めてさらにパフォーマンスを上げていきたい。

いびきを改善したいけど、今まで治らなかった人はぜひ参考にしていただきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました