体の重心を意識して生活すれば、人生が変わる

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

体の重心

身体の重心とはどこか。

それは、丹田と呼ばれる場所である。

臍下三寸あたりにあるとも言われ、ヘソ、性器、肛門の三点を結んだ三角形の中心に位置するとも言われる。

そこが人間の複雑な体の中心であり、重心である。

丹田中心の動作を心がければ、無駄な力は一切入らない。しかも安定し、しなやかだ。

動物は体の重心を中心とした動作をする

動物は皆、自分の体の重心を保った体の使い方をして動いている。

動物は、人間のような自我意識を持たないから、本能のまま、神が操るままに動く。

すると、自然に溶け込んだ、ものすごく自然な身のこなしをするのだ。

猫の動きを見てみるとわかるはずだ。

重心に体を預けると、力はその一点に集中するから、他は脱力している。

無駄な力が入っていないため、見た目にも美しくなる。

頭脳のある人間は体の重心を意識しないで生活する

翻って人間はどうだろうか。

ひどい体の扱い方をしている者ばかりではないか。

猫背であり、腰骨を曲げて椅子に座るから、だらしがない。

立ち姿も、力強くなく、不安定であり、丹田に重心を揃えていないから、自分の体を支えるために無駄な筋肉が緊張し、発達している。

足が太かったり、腰痛、背部痛が絶えない、もしくは肩こりが絶えないなんてのは、殆どの人間でそうだ。

体のバランスが悪い動物なんているだろうか?どの動物も、犬は犬らしく、猫は猫らしいではないか。体のバランスが悪くなるのは人間だけだ。

当然、筋緊張が続けば、その部分は疲労するし、血流が悪くなり、体全体の血行も悪化する。

代謝が悪くなり、疲れやすくなる。脳には酸素が行かなくなり、思考力も低下する。

また、身体の影響は心にまで及び、姿勢がだらしがない者は内面もまた推して知るべしなのだ。

目で見えるものや理屈でわかることしか扱わなくなった現代では、今まで述べたようなことは、現実には無いようなものとして、話題に登ることすら無い。

スポンサーリンク

皆、実は感じ取っている

しかし、こういったことは、ただ言語化できないだけで、皆なんとなく感じているのだ。

オーラというのは、姿勢がいいことにより、体に無駄な緊張がなく、その結果血流が全身に行き届いていて、神経も隅々まで鋭敏になっている状態のことを、総合的に感じ取っているものと理解している。

姿勢が悪く、顔に生気が宿ってない人に、人は近づいていかないし、また頼りがいも持てないのが自然だ。

現代人というのは、原因は見なくなっているのだが、相変わらず結果には大いに振り回されるのである。

私が人生が変わり始めたのは、ただひとつ。

猫背をやめたことだと言って間違いない。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします