自分の本当の望みを知る方法【意外と身体的なアプローチ】

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

本当の望み

意外と自分の本当の望みって知らない

自分の望みが明確になっていない場合って、意外と多いんだと思う。

自分が何をしたらいいかわからない。

何も望みがないから、人生に面白みがない。

私もそうである。

編集者の長倉顕太さんは、「やりたいことなんて見つかるわけがない。あったらすでにやっている。自分たちにできることは、ひたすら新しいことをやることだ」と言っていたと思う。

確かに最終的な答えとしてはそうなるんだろうね。

自分の本当の望みを知る方法

ただ、高城剛さんはやりたいことというか、新しいアイデアを得るための方法として、毎日30分ランニングをし、3ヶ月経ったら瞑想をしろと言っていたと思う。

そうすれば、自分が自然と向かいたい方向が見えてくるとのこと。

ランニング自体、前頭前野の酸素量を増やし、働きを強化する効果があるという。

だから、村上春樹は毎日朝のランニングを欠かさないそうだ。

村上春樹ほど作品を次々と出している作家がやっていることだから、自分たちもやってみようと思えるではないか。

そして、瞑想をすることによっても、前頭前野が刺激される。

前頭前野は抽象的思考を司る脳の部位であるから、働きが良くなることによって、新たな”理解”が起こりやすくなるのだろう。

それについては昔関連する記事を書いたので良かったら見てほしい。

わかるとは、現実の一部の模造である 「わかった」とはどういう状態か。 あ!わかった!と、快感とともにひらめく時、実際には何が起こって...
「わかる」ということについて、昨日の続きを書こうと思う。 一部要素を真似ているのが概念 「わかる」とは、現実を切り取った一部分の...
スポンサーリンク

そしてひたすら継続が大事

人間としての幸せな生き方をしていくには、人間ならではの前頭前野を活用していく必要がある。

前頭前野の血流が悪くなっていたら、高度な抽象的思考が働かず、古い脳みそによる短絡的な行動パターンに終止してしまう。

私自身、毎日5kmのランニングを欠かしていない。

ランニングには即効性も感じている。

当然、走れば血流は改善するからね。

瞑想はしたりしなかったりで、しても5分とかだから、もうちょっと長くやるべきなんだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします