引き寄せの法則を利用した、時間を作る方法

時間の作り方 テクニック

私達は自分の時間がない

社会人として働いているほとんどの人は、自分の時間がないと嘆いているかもしれない。

仕事のある平日は、特に仕事が終わって、ご飯を食べたらもう2,3時間しか自由時間がないといった感じが普通だろう。

そんな私達は、「自分の時間がない。自分には余暇の時間が少なすぎる」と常に思って生活しているはずだ。

そんな私達にとって、とっておきの発想の転換がある。

それは引き寄せの法則を利用した時間を作る方法だ。

スポンサーリンク

引き寄せの法則を利用した時間を作る方法

どのような方法かというと、それは「自分には時間がある」と思うようにするということだ。

具体的には、例えば仕事から帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入ったら、寝るまでの時間が2時間しかないという場合。

時間の少なさを嘆くのではなく、「あと2時間も自分の時間がある」という風に考えるようにするのだ。

2時間しか時間がない、というのと、2時間も時間がある、というのは、結局同じ意味を表しているのだが、気持ちの指向性が違うのだ。

2時間しか時間がない、だと、自分には十分な自由時間がないという自己洗脳が働いてしまう。

しかし、2時間も時間がある、と考えるようにすれば、自分にはやるべきことをこなす時間は十分にあるんだと、自分の脳に教育することができる。

日常的に使う言葉は習慣となり、それは考え方の方向性として染み付いてしまい、現実として実際に現れる。

時間がない、時間がない、と日常的に思って生活している人は、実際に余裕のない現実が引き寄せられてくる。

自分にはこんなにも時間がある、と思う習慣が身についている人は、実際に様々なことに取り組む現実が引き寄せられる。

時間があると思って生活している人は、たとえ忙しい日々を送っていたとしても、スキマ時間を見つけて時間を作る。

そしてその時間内に必要なことをやれてしまう。

スポンサーリンク

思いをコントロールする意思の力

ついつい忙しい日々の中で、時間が足りないと思ってしまいがちだけど、それって重力のようなものなのだ。

忙しさというのは、自分にかかってくる圧力のようなもので、そのとおりに気持ちが反応しているだけなら、あなたは環境の奴隷でしかない。

私達には意思がある。

神から創造性を与えられている。

それがあらゆる生物との差異だ。

ぜひ意思のパワーを利用して、重力に逆らっていこうではないか。

”思ってしまう心”に支配されず、”自ら思う心”で動こう。

それが、引き寄せという形で、現実を作り出していくのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました