感謝という行為の重要さ

この記事シェアする

マインドフルネス

あれは4年半前のことだった。

私はイスラエルへ旅行をし、そこで出会ったフィンランド人の宣教師に対して問うた。

「私はイエス・キリストが実在したことも信じてます。また、聖書に書かれていることも真実だと思っています。でも、幸せではないんです。私に足りないのは一体何なんですか?」

フィンランド人宣教師(おそらく80歳くらいだろう)は答えた。

「あなたに足りないのは。。。。感謝です。」

感謝。。。。

宣教師は、私の質問が的を射ていたと思ったからか、興奮気味に私を抱きしめ「わが息子よ。イエス・キリストに、どんなことでもいいから、祈りを捧げてみなさい」と言った。

今思い返すと、映画のいち場面のような出来事だった。

その宣教師の言ったことは、今ならわかる。

決して、知識が人を幸せにするのではない。

積極的な祈り、神への感謝という行為によってのみ、救われるのだ。

求められているのはアクションだ。

感謝をするということは、真剣であらねばならない。片手間でできることではない。

神経を集中させ、リラックスしなければならない。

人は、悟りを知りたがる。

知りたくて渇望している。

真理とは何か。悟りとは何か。

しかし知ることだけでは、幸福を産まない。

この世は夢の様なものだったという気楽さは生むかもしれないが。

ただただ、祈る。感謝をする。

自ら感謝の波動を作り出す。自らが発信者となるのだ。

素直な人間のほうが、遠回りせずに幸せになれるのだ。

あらゆる聖典に書かれている「神に感謝せよ」という教えに従わないで、頭でわかろうとするのが多くの人間だ。

しかし、導かれる者は結局導かれるのだ。

行為は知識に勝る。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする