【決断力がない日本人】自分で決める力とは

決断する 創造する力

決断力がない今の日本人

自分で決めるというのは、飼いならしにあって生きてきた現代人にとっては、難しいことだろう。

普段我々は、生活環境というのが取り囲んでいて、ほとんど何も考えずに生きることが出来ている。

朝起きたら支度をして会社へ行き、定時になったら帰宅をし、家で夕飯を食べ、風呂に入って家族でテレビを見て時間になったら床につく。

そこに自由意志はないかもしれないが、これはこれで仕事や家族の責任を負っているとは言っても、頭を使わずに楽に生きることができるのである。

本当の自由とは、こういった生活に慣れてしまっている人間にとっては、どうにも苦しいものである。

せっかく自由を手に入れても、苦しくて、わざわざまたサラリーマン生活という檻の中に戻ってしまう人もいるくらいだ。

本当の自由を貫こうと思ったら、自分の頭を働かせなければいけない。

それと、決断をするというのも大事になってくる。

答えを求める思考回路をもっている人が、自由を苦にするんだろう。

自分はこう生きる。なぜなら私がこう決めたから。

そのように自分の決断を根拠にできる人が強い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
創造する力
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました