自信のある人間や人の上に立つ人間は、必ずいい声をしている

この記事シェアする

いい声

声ほど、その人物の力量を表すものはない。

声に魅力がない者は、だいたいが自信がない未熟者であると言っていい。

大会社の社長など、得に創業者は、声が大きく、力強い。

そうでないと、社員がついてくるわけがない。

人を魅了し、引っ張っていくには、ただ良いことを言うだけではなく、どんな声でその言葉を響かせるかが大事だ。

いい声には、肚が大事

ただ、ほとんどのケースで、社長になるような人は、意識して声を作り上げているわけではない。

自然にそうなっているのである。

苦しい経験や、修羅場をくぐってきた経験から、肚が座っており、自然と肚から声が出せるようになっている。

胸式呼吸と腹式呼吸

声に魅力があるかないかは、肚から出ている声か、それとも体の上の方、胸や、頭から出ているかの違いだ。

それは呼吸にも関係してくる。腹式呼吸か、胸式呼吸かだ。

体の上の方に気が行っていると、人間というのは落ち着きが悪くなる。

どうにも軽薄になり、力強さが出ない。

安定した下半身、腹部からガツンと行かないと人間の生命力は発揮されないのだ。

肚を鍛えようにも、人生経験に乏しい人間は、ではどうすればいいのか。

私の経験からすると、これはある程度テクニック的に習得できる。

そして、見違えるように人生が変化するのでぜひやったほうがいい。

同じことを言うにでも、喋り方によって印象によって人の受け取り方が全然違うからだ。

ただ単に、声がいい、というだけで、人は力量を認めるところもあるので、色々と得をする。

先程言った、呼吸をまず修正する。

胸式呼吸から腹式呼吸に変えることをする。

それを訓練して、常にできるようにする。

胸式だと、気が上半身に行っているから、肩から顔から緊張しているし、心理面もドキドキしがちで安定しない。

腹式呼吸が出来るようになると、必然的に意識が腹部に落ちるから、肩や顔面の筋肉がほぐれ、メンタルの過緊張も取れる。

自分の体を楽器に見立てる

声というのは、ただ発すればいいというものではない。

自分の体を楽器に見立てて、どれだけ響かせるかである。

良い音色を出すためには、緩んでいないといけない。

上半身が緊張していたら、大きな声が出ないし、また良い音色も出ないのだ。

声を鍛えるのはコスパ最高

安定していい声色を出せるように、練習をしたらいい。

私はこの本を一冊買って、家でひたすら訓練した。

言葉と声の磨き方

言葉と声の磨き方

posted with amazlet at 18.04.04
白石 謙二
フォレスト出版
売り上げランキング: 62,790

1,500円で人生が変わるなら安いものだ。

誰も自分の良さをわかってくれない、と嘆く前に、見せ方に気を配るべきである。

外見は、ファッションを意識し、清潔さを心がけるのは当たり前にわかってることだが、誰も声を細工しようとはしない。

ファッションで人より差をつけようと思っても、なかなか難しい。

声は誰も取り組んでない分、すぐに結果が出るし、お得である。

また男性なら、取り組まない手はない。

なぜなら、女性は男性の良い声にめっぽう弱いからだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする

スポンサーリンク