思い込みやこだわりが力をくれる

この記事シェアする

マインドフルネス

正義とは何か。

それは、自分勝手な期待である。

これを聞くと、ショックを受ける人もいるかもしれないが、これは本当のことなのだ。

はたまた、自分勝手な思い込み、とも言ってもいい。

世の中にある、どんな正義であってもだ。

「世の中に確かものなど何もない」なんて、誰かが言ってたけど、そのとおりだと思う。

こだわるから、力が出る

しかし、こだわりというのは、強い強いエネルギーを生む。

人間の活力源になる。

だって、こだわらない限り、余計なことなどする必要がない世の中だから。

あなたは何もしなくたって生きていける。

エネルギーが冷める自然法則が働いている

自分の中の正義ってのは、言い続けてないと段々と消えていってしまうものだ。

そう、もともとこの世は「空」だから。なにもないから。

あなたはある日突然気付く。あれほど煮えたぎってた信念が弱まっていることに。

熱は冷めるように、この世の中の法則はできている。

「これではまずい」とあなたは思い、自分に言い聞かせる。

信念を強く持ち続けるために。

人間は良くも悪くも忘れやすい。

だから勉強だって、繰り返し繰り返しやって脳に焼き付ける必要があるじゃないか。

感情や信念もそう。

「自分はこういう人間だ」という信念を立てたら、それが崩れ去ろうとしている時、必死で立て直そうとする。

そうしないと自分がだめになってしまうように思えるから。

信念もそう。自分だってそう。必死に維持しないと、なくなってしまうものだ。

だから、維持する努力なしに、何かに情熱を持って打ち込めている人というのは、生き生きとしているし、幸せなのかもしれない。

なかなか一度信念が崩れ去った経験を持つと、何事も意味が無いことがわかってしまい、その後は情熱を持てなくなる。

気力がなくなった人間の行き着く先

そうすると生きる気力も失われる。

正義感に燃えたあの日は、もうやってこないのだ。

年寄りたちは、若くて燃えている人を冷めた目で見たりするが、そんな資格はないのだ。

信念がなくなった者は、自慢できない部類の我欲に走るしか無いのだから。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする