今の生活が不満なら、生きている実感が得られる生き方を選ぼう

この記事シェアする

生きているという実感

日常辛くても、大体は考えなくて済む方がいい

生かしてもらうのと、自分で生きていくのは、全然違う。

日本社会というのは、動く歩道のような社会だから、何も考えなくても生きていけるようになっている。

社会のレールに乗っていれば、餓死することなく生きていける。

それはそれで会社にこき使われたりして、大変な面もあるが、考えないというのはある意味楽なのだ。

社会は嫌だといって、ドロップアウトして自分で生きてみろ、と言われたら、なかなか苦しむと思う。

自由というのは、ごく一部の人間を除いて、苦痛なんだ。

ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟にも書いてあったと思うが、大多数の人間は、喜んで不自由を選ぶものだと思う。

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー
新潮社
売り上げランキング: 9,523

「セルフ・ヘルプ」

自助の心が必要だ。

自分で自分を助けていくような心がけだ。

外に頼る心を持っていては、微々たる給与によって支配者階級に操られることになってしまう。

自分で自分を律していくのは、非常に辛いものだ。

人間とは基本堕落する生き物だ。

その堕落を避けるために、支配者階級に囲われていた方がマシだ、ということになってしまう。

私自身は、社会のレールに沿って生きていくのはもう懲り懲りだと思っている。

会社も辞めてしまったが、それでも何かをして生きていかなくてはいけない。

朝起きて、会社に行くという縛りがないと、なんと朝起きるのが難しいことか。

どこまでも惰眠を貪るのだ。

しかし、負けてはならない。

自分を追い込み、懸命に生きているという実感を得よ

要は危機感が足りないからだ。

もし、命がなくなる危険があるならば、飛び起きて行動するはずだ。

自分を追い込んで、行動に駆り立てよう。

自分を励まして、時には発破をかけて、うまく行動に導いていこう。

人や社会に律してもらうのではなく、自分で自分を律するんだ。

私は、サラリーマンはもうやらないという縛りを自分に課した。

それを身の回りに公言もして、自分を追い込むようにしている。

人間、どうしても弱いし、自分にすぐ甘くなるものだ。

ただ、レールに沿って生きるのはゴメンだ。

自分自身で行きたい道を歩む。

他人が決めた人生でなく、自分の人生を生きるために。

それが幸せかどうかって?

そんなのわからない。

わからないけど、やるしかない。

そのほうが自分にとってマシだってだけだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする