あれほど大事にしてた自分なんてどこにもいなかった

この記事シェアする

マインドフルネス

自分ははたして、いるのか?

もう、紛れもない真実として、皆が自分というものがあると信じ込んでいる。

”自分”とは、人間の脳が作り出した概念である。

一つの考え方と言っていい。

宇宙を見渡して、自分というものがあるかどうか。どこにもないよね。

しかしながら、物心ついてから、自我を形成し、固めてきた人生を送ってきたから、どうにも剥げ落ちることはないのだ。

いちいち感情を自分に結びつけている

心に浮かんだ妄想や感情を、自分に結びつけるからややこしくなる。

例えば、眠いと思ったとしよう。

眠い、と言ってしまうと、もう辛い。眠たくてしょうがない。

それは自己に結びつけた表現だ。

感情によって苦しんだり、悲しんだり、影響を受けることになる。

ところが、「眠気がある」と言ったらどうだろう?

ただ眠気があるのだ。

そこに自分はいない。

眠気があるというだけで、自己に結びつけてないから、眠いから辛いとか、嫌だとか、そんなことは思わない。

なんでも自己に結びつける癖をやめるべきだ。

何の生産性もなく、運命に翻弄されるだけの人になる。

もう、子供の頃から繰り返してきた心の癖だ。

すぐに治るはずがないし、少し治っても、強力な習慣の力によってまた引き戻されてしまう。

だから集中力を持って、取り組まなければいけない。

幻想から一旦離れる作業を意識して行う

自分は当たり前のようにいるもんだと、思い込んでしまったら?

いまここにいる、という感覚に寄り添おう。

今ここの所在を実感しよう。

今に静かに佇んでいよう。

感じている時、自分は消えている。

ただ、ある、という状態だ。

自分なんていない、ということに、早く気付こう。

不毛なエネルギーの使い方はもうやめよう

考え方として、「私」がいて「あなた」がいたほうが、コミュニケーションする上で便利だから、そんな概念が作られているだけだ。

もともとはそんな感じなのに、作ってしまった自分というものに、人間はこうも振り回されて、エネルギーを使い果たして生きているんだ。

もう、幻想に振り回されるのはやめよう。

本当は、自分どころか、なにもないのだから。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする

スポンサーリンク