この世は一面の空

この記事シェアする

マインドフルネス

この世は本来「空」であるのだから、そこには当然何もない。

人間が「空」からある要素を抽出して、概念化して理解しているだけだ。

おそらくそれが人間の機能快なのだと思う。

その備わった機能を使うと単純に気持ちがいい。

だから、人はあらゆることを知ろうとする。

同じ学校のアイツの噂話や、はたまた宇宙のはてについてまで。

そこで気をつけなきゃいけないのは、人間が知ったことは、あくまで真実ではないということだ。

それは人間の脳が概念化に成功したものであって、事実存在するものではない。

人間の苦悩とは、あるはずのないものをあると信じ切って、それにとらわれるから起きる。

人間、生きてく上でどうしてもノイズが溜まっていくのは仕方がない。

そしたら定期的にそのノイズを外していくことが必要ではないか。

本当は、何もなかったんだと。何も苦しむことはないはずだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする

スポンサーリンク