親は誰か

この記事シェアする

マインドフルネス

ごくごく根本的な質問から入りたい。

あなたの親は誰か?

おそらく、100人中100人が当然、父や母を思い浮かべるに違いない。

しかし、改めて考えて欲しい。

本当の親とは何か、ということを。

生まれてから教え込まれてきた幻想

私たちは、物心が付いた時にはお父さんがいて、お母さんがいて、という環境であり、それが疑問の余地のない、当たり前の前提と思ってきている。

しかし、この人生というものに対して洞察を深めると、これはわからなくなってくるのだ。

まず”私”とは何か?

深く、深く追求する。

私は何々という名前だ。しかし、これは後天的に親から付けられたもので、”私”の本質を表すものではない。

私は日本人だ。しかし、国籍なんて、これは人間の理性的な頭脳が名付けているものであって、この”私”は日本人とは関係ないものだ。

私は人間だ。確かに。人間だ。しかし、この意識は一体何なのだ?突き詰めると、私自身は何かと考えると、どうもこの体ではない気がする。私という意識が、私自身のような気がする。

なぜなら、目を潰されても、耳を聞こえなくされても、手足を切られても、この意識は五体満足であるかそうでないかによって、変化は何もないことが想像できるからだ。

そんな超不思議な存在である”私”の親は、果たしていわゆる父母だろうか。

大元は、やはり、神とも言うべき存在ではないだろうか。

家族よりも大事なもの

創世記 第22章においてこんな記述がある。

アブラハムは息子イサクを生贄に捧げるよう命じられる。

アブラハムとイサクが、神の命じた生贄を行う場所に向かう途中、イサクが父アブラハムに質問する。生贄のための羊が無いじゃないかと。

アブラハムはこう答える。「生贄は神が用意してくださるだろう。」

そしていよいよ目的地につき、アブラハムは躊躇なく祭壇に薪を敷き、イサクをその上に寝かせ縛った。

そしてアブラハムがいよいよ刃物を取り、息子に手をかけようとしたとき、神の使いがやってきて、「子供に手をかけてはならぬ。お前の神への忠誠心は十分理解した」と言って生贄の儀式をとりやめさせた。

これは何を意味しているか。何においても神への信仰、忠誠が絶対だ、ということを表している。

当然アブラハムだって、イサクを愛していたはずだ。

しかし、神が命令したことなら、一切の躊躇もなく、それを遂行できたのだ。

現実世界の親も大事にすればいい。

しかし、大元の大元には、神とも言うべき存在が、私達を恵み養ってくれているということだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする