悪い習慣をやめるには。習慣を新しく書き換える方法

この記事シェアする

マインドフルネス

全てはエネルギーである

私達の世界は、エネルギーで成り立っている。

あらゆるものの存在自体がエネルギーで出来ているというのもあるし、いろんなベクトルの力が影響しているというのもある。

そしてエネルギーは固定化に向かう法則も成り立っている。

慣性の法則というのが例に挙げられる。

一度加えた力は、その後永遠に一定にかかり続ける。

我々が感じている重力もそうだ。

地球の中心へ引っ張られる力は、日によって変わるということはない。一生同じ力で私達を引っ張り続ける。

また物体としてのエネルギーもそうだ。石が水になったり、木が金になったりは絶対にしない。

習慣もエネルギーの一つ

私達人間には、生活していく上で大きく関わるのは、習慣の力だ。

私達一人ひとりが、ユニークな習慣を持ち、その習慣に沿って毎日暮らしている。

時々習慣から外れたことをしても、また習慣のエネルギーの中に戻っていく。

習慣の軌道に戻す力は、宇宙の法則の力そのものなので、非常に強い。

だから、悪い習慣がわかってても簡単にはやめられない理由となる。

私は朝が極端に弱い。

早起きなんか出来た例がない。

朝が辛いから、職場のすぐそばに家を借りるくらいだ。

私だって朝早く起きたい。

でも、無理なのだ。

なんとか、習慣の軌道から少しずつ外れて、早起きという新しい軌道に乗りたいと思っている。

悪い習慣の軌道から頑張って外れていこう

このように、習慣からはずれようとする時は大きな力が必要となる。

ロケットが地球の外へ出るために、大変なパワーを必要とするようにね。

なにか新しいことを始めるときが、一番エネルギーを必要とする、とよく言われるが、そのとおりだ。

でも、最初頑張ってしまえば、その力にも慣性の法則が働くので、進み始めたら楽になってくる。

しかし、生活習慣のような、何年もかけて固めてきた習慣は、軌道への引力も半端ないから、また磁石のように元に吸い込んでくるし、やり始めたばかりの行動は、まだエネルギーが固まりきってないから、すぐに元通りになってしまったりする。

これが三日坊主になる仕組みだ。

毎日走っている人、毎朝弁当を作ってる人、これらはやってない人からすると、すごいことに思えるのだが、当人としては、もう当たり前のことであり、やらないと気持ち悪いというくらいになっているのだ。

このように習慣づけされると、逆に力はいらなくなる。

ぜひ、みなさんも創造力を発揮して、新たな習慣を作り、運命を少しずつ変えていこう。

私も、早起きを頑張る。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする