引き寄せの法則を使って人生を楽しんでしまおう

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

望む生活を引き寄せる

最近引き寄せの法則について考えている。

現実は「空」であり、意味のないものだけれども、だったら自分の好きな世界を作り上げればいいじゃないか、ということにもなる。

それも結局意味がないのだけれど、やはり人間生きている限り欲がある。

想像は頭を使う

欲しいものを引き寄せるには、当然引き寄せるための何かしらの行いが必要となる。

欲しいものを具体的に創造する。それもリアルに、だ。

そう言われて、素直にできる人はいいが、私のような想像力に乏しい人間は、なかなか苦労を伴う作業だったりする。

想像は頭を使う。

状況に流されて、頭を使わずに生きてきた人間は、慣れてないから苦労する。

多少、注意欠陥障害の要素があるかもしれないと疑ったりする。

しかし、想像しないことには引き寄せられない。

リラックスして、なるべく具体的に、臨場感たっぷりに想像してみる。

望む生活を引き寄せて、人生を楽しもう

そんなことをやってるのだが、それも毎日時間を取って行わなければいけない。

何回かやったくらいじゃ、引き寄せられるはずはない。

ここで馬鹿にする人は、それまでの人なんだ。

私は、実際引き寄せたっぽいことがあって、ちゃんとやれば効力はあるはずだ、という考えは持っている。

私は真面目風な外見なのだが、ギャル好きで、ずっとギャルと親しくなりたいと思ってたら、本当にギャルが彼女になったりとか。

政治に関わるような仕事をさせて欲しいと願ったら、翌日に地元の代議士に関する仕事が舞い込んできたりとか。

ともかく、必死に願いさえすれば、ありきたりの日常を変えられるチャンスとなる。

スポンサーリンク

引き寄せの法則が働く理屈

ナポレオン・ヒルの「悪魔を出し抜け」という本で、ヒプノティックリズムという概念が出てくる。

この世界は、あらゆるエネルギーは固定化に向かう法則があって、普段考えていることもエネルギー的に固定化され、あなたの人格となり、それがやがて現実となるというものだ。

私的にはその理屈が非常に納得がいった。

だから、普段の心の中の状態にも気をつけなければいけないのだが、あえて自分から思うことも、エネルギー的には同じことであるので、常にそれを願って想像していたら、やがては固定化され、現実となる。

望むことは、ただなんとなく思っているだけではなくて、実際に手に入れた時の様子を想像してみる。

ぜひ、愚直に、真剣に取り組んでみて欲しい。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします