自分に活かせるなら、占いだって大いに結構。客観的な自己分析方法

この記事シェアする

占いについての一般的な見方

皆さんは占いについてどう思っているだろうか。

インチキだと思ってる人は多いと思う。

その割に、気にするレベルであれば、かなりの割合に登ってくると思う。

テレビや雑誌の占いはなんとなく見てしまい、運勢が良ければラッキーな気分になったりとか。

ガチで信じてはいないけれど、占い本で良いことが書いてあったら信じたい気持ちになるのが人情だと思う。

まあただ、占いをまじで信じている人、まじで頼ってる人になってくると、少数派にはなってくる。

私は占いについてどう思っているかというと、知り合いの占いで飯を食っている人に占ってもらったのだが、もう過去の全てを見通されてしまったことがあり、結果信じるようになっている。

ちなみにその知り合いの占い師は、私のプライベートまで知っている関係ではない。

占い全般を信じているわけではなくて、占い師の腕にもよると思う。

こういうことを言うと、コールドリーディングだどうだと言われるのが目に見えているから、占いを信じている人はおおっぴらには外に向かってしゃべらないほうが良い。

その占い師と直接会ったのは私であるし、本当のことは話を聞いただけではわからないのだから。

私は私の実感でものを言うしか無いのだし。

占星術は無限に近いN数を元にする統計データだ

その占い師は占星術なのだが、占星術というのも、もうこれははるか古代から研究されているものだと思う。

紀元前の人間は、科学が発達してないから、占いによって色々と判断していたことが実際あったんだと思う。

占星術というのは、ある一人の人間を、星の位置関係から超客観的に分析するものだと私は感じた。

星との位置関係は、何月何日に生まれた人はこんな人生だったという、今まで生まれては死んでいった何十何百億人ものデータの積み重ねであり、経験則だと言える。

占い師っていうのは、その私の生まれた日時から読み取れる結果を、ただ私に伝えてるだけだと感じた。

そこに人間としての主観は挟まれない。

どれだけ正確に読み取れるかどうかが、占い師個人の力量となってくるんだと思う。

インチキだと最初から決めつけるのはもったいない

占ってもらった結果、信じる信じないは個人の自由だ。

ただ私としては、占いはある種のフィードバックであり、自己分析の一つとして活かせるなら、つまり自分の今後の人生のためにできるのなら、これは大いに結構なことじゃないかと思う。

占いは嘘だと先入観で決めつけて、体験するチャンスを拒否するのはもったいない。

占いに限らずどんな分野でも言えることだ。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする