必ず叶う願い事とはどういうものか【利己的でなく原則中心で】

必ず叶う願い事 アイデア

必ず叶う願い事とはどんなものか

正しい願い事の立て方をすれば、それはやがて必ず叶う。

今日はそのことについて詳しく説明してみる。

最初に答えを言ってしまうと、7つの習慣で言う、原則に沿った願い事をすれば良いのだ。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
キングベアー出版 (2014-05-23)
売り上げランキング: 327

原則とは、今も昔も変わらずに存在し続けているものであり、人類の歴史の中で数えきれないほどの勝利を収めてきた価値観・法則であり、自明であるが故に生まれながらにして全ての人間の心の中に織り込まれ、想像ができるものである。

願い事が叶わないのは、原則に沿ったものではないからだ。

スポンサーリンク

叶わない願い事の典型例

例えば、お金持ちになりたい、というのは利己主義であり、原則には沿っていない。

結婚がしたい、というのも原則から外れている。

それはどちらも我欲なんだ。

そんなことは、本来であれば各人が持つ良心のコンパスでわかるはずなんだが、現代は妖怪ばかりが力を得ているようで、

「お金をもらうことに対する罪悪感を無くそう」

「喜んでお金を受け取れるようになろう」

などと、気持ちの悪いことを大真面目に言い、またそれがまかり通るようになってしまっている。

倹約というのも人間の素の心が持つ美徳の一つではなかっただろうか。

スポンサーリンク

叶いやすい願い事の例

もしお金を得たければ、原則に沿った理由を考えれば叶うだろう。

ビジネスで儲かったお金で、恵まれない人に寄付をしたい。

これならば、あなたのもとにお金が入ってくる可能性がぐんと上がる。

他者への奉仕も、原則に入ってくる価値観だ。

結婚をしたら、嫁や子供に愛情を注ぎたい。

この願いのほうが、叶う確率が間違いなく上がる。

結婚があなたを満たしてくれるのを願っているのではなく、あなた自身が家族に対し愛情を注ぎたいと宣言しているからだ。

願い事の立て方がわかっただろうか?

原則中心の観点で、あなたの良心のコンパスを働かせて設計するんだ。

また、綺麗事で終わらせるのではなく、あなた自身が本心からそうしたいと思える願い事でなくてはいけない。

願い事を叶えてくれる神がもしいるのなら、あなたが自分だけいい思いをするような願いをどうして叶えてくれるだろうか?

その願いが叶うことで、地球がちょっとでもより良い方向に向かうようであれば、神もその願いを後押ししてくれるのではないだろうか。

あなたが周りにいい影響を与えるために必要な願いなら、大きな力が手を貸してくれるに違いない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイデア
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました