理由もなく心が辛い。内なる苦悩は表現して昇華せよ

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

苦悩 昇華 表現

心に目を向け表現する

もし、心が晴れないのなら、アウトプットすればいい。

日記でもいいし、マインドマップのようなものでもいい。

私はマインドマップをおすすめしたい。

心の苦痛をマインドマップで表現

形にとらわれないからだ。

心というのは、文章のように整っているわけではないから。

悩んでいる時というのは、心がこんがらかっていて、自分で自分の気持ちがわからくなっているんだ。

とにかく書いてみて、外に出す。

それも、なるべくそのまんまを出す。

加工しない。

すると、心が晴れる。

なぜか。

大脳を持つ人間の本能を理解せよ

人間は、わからないことが苦痛で、わかることが快感にできているからだ。

大脳の機能快と言っていい。

そういう風に神が人間を設計したのだから、それに従って生きるのが、流れに逆らわない生き方だ。

自分の心を見る習慣を持たないでほったらかしにしていると、自分が何がしたいのか、また何が辛いのかすらわからなくなって、ただ辛い、ただ苦しい、ということになってしまう。

自分の内面にあるものを表に出すのは、自分を救っているのだとも言える。

自分の中の苦痛を手記にする人は多い。

何か犯罪にあった人とか。

すごい勇気だなぁ、なんて感心することもあるけど、そうじゃないんだ。

本人も、怒りや苦痛から立ち直りたくて、そうしているんだ。

芸術とか、文学作品とかも、そういったものが多い。

スポンサーリンク

自分の心をわかればいい

人間の「わかる」という機能について、以前記事を書いたが、自分の心を何かの形で表現するというのは、心の状態を模造している作業とも言える。

わかるとは、現実の一部の模造である 「わかった」とはどういう状態か。 あ!わかった!と、快感とともにひらめく時、実際には何が起こって...
「わかる」ということについて、昨日の続きを書こうと思う。 一部要素を真似ているのが概念 「わかる」とは、現実を切り取った一部分の...

「わかる」という作業において、実際のものを何かに置き換える形で人間は理解している。

何かというのが、文字であったり、絵などの表現であったり、図であったりする。

どれだけ実際に近づけるか、どれだけうまく表せているか、というのが、表現力と言われるものである。

だから、多くの表現方法を身に着けたほうが、心は安定するということになる。

言葉であれば、色んな本を読んで語彙を増やす、表現を増やす、ということになる。

書かなくても、人に言うのでもいい。

だから、辛いことがあった時、人に喋って聞いてもらうと心が楽になるんだ。

内にかかえて誰にも言えないのは辛いだろう。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします