寝坊助でも朝早起きできた秘密。睡眠時間は90分の倍数で考えよう

この記事シェアする

oversleep

朝寝坊と格闘してきた歴史

私は睡眠に関しては苦労してきた方の人間だ。

朝起きるのが、非常に苦手だった。

だった、ということは、もうすでに克服しているということなのだが。

起床というのは、一日の始まりであり、7つの習慣にも書いてある通り、その一日の第一歩を成功から始められるかどうかがかかっている。

その意味では、私は長年朝イチで負け続けてきた。

主体的な生活をおくるためには、克服しなければならない問題だった。

朝スッキリ目覚めるために、様々なことをやってきた。

睡眠で疲れが取りきれてないんじゃないかと考え、ベッドを良いものに買い替えた。

熟睡しきれるように、適切な温かさになるように布団をいつも調節している。

寝ている間は光が部屋の中に入らないようにカーテンをピッチリ閉めた。

睡眠時間は6時間以上確保した。

目覚まし時計は3回ほどかけた。

それでもスッキリ目覚めることが出来ないので、Morninという自動でカーテンを開けてくれる機械を買った。

それでも、朝布団からスパッと出ることが出来ず、二度寝三度寝して、朝はいつも余裕がないという状態に変わりはなかった。

様々な投資や工夫をしても、根本的な解決にならなかったが、たった1つのことを意識しただけで、今までの寝坊助状態が嘘だったように変わった。

たったこれだけで朝起きられるようになった

それは、睡眠時間を90分の倍数で取ることである。

睡眠のリズムは90分ということになっていて、例えば60分で目が覚めると、まだ寝ている途中で起きるのが辛いということになってしまう。

ちょうど睡眠開始から90分後になると、睡眠のリズム的にちょうど眠りが浅くなるタイミングであり、その時に起きればそんなに辛くないし、熟睡感もあるのである。

だから、朝4時半に起きたいということであれば、夜12時に眠りにつくように逆算する必要がある。

計画的に睡眠時間を取るようにするのだ。

そして、ちょっとしたアクセントなのだが、寝る前に、しっかりと自分に

「私は朝4時半に起きる」

と言い聞かせることが大事だ。

そうすると、目覚ましの力を借りることなく、4時半になったら自然に目をさますことができるのである。

この方法を意識すると、睡眠時間は短くても全然大丈夫になる。

熟睡感というのは、あまり睡眠時間と関係がなくて、いかに適切なタイミングで目を覚ますことが大事か、ということになる。

早起きすると、生活が変わり、人生が変わる

万年寝坊助だった私でも、今日も朝4時半に起きてご飯を食べ、仕事前にこうやってブログを書くことが出来ている。(夕方に予約投稿だけどね)

時間に追われずに、時間をコントロールしている感覚は、自信にもつながり一日をいいリズムで始めることができる。

ぜひ、参考にしてみて欲しい。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする

スポンサーリンク