自分で気付けるようになるまで訓練する。速やかに気分を変える方法

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

マインドフルネス

悪魔に支配された時間

今日はちょっと落ち込むことがあった。

やる気がなくなって、数時間何をするでもなく過ごしてしまった。

憂鬱な時、動かないというのも本人にとっては不快な状態なのだ。

動かないから血流が悪くなって、思考力も低下し、今の自分の状態を客観視できなくなるという悪循環にはまる。

数時間経って、ハッと気付いた。

行動に気をつけよ、と。

今の自分の思考、行動が固定化する。

そしてそれが習慣化すると。

それは勘弁だと思い、スッと立ち上がり、なんでもいいから体を動かそうと思えた。

波動を変えるのは自分自身

自分の今の波動が、継続する。

だからよく、言葉に気をつけよ、思考に気をつけよと言われているのだ。

それこそ、運命を変える方法である。

それがみんな出来たら苦労しないというところもある。

それで、悟っている人に「どうしたらできるんですか?」とすがったりする。

それは残念ながら、他人はどうしてあげることもできないのだ。

自分をほんとうの意味で救えるのは自分自身だけだ。

やはり、日々の生活の中で、気をつけて訓練を続けるという意識が大事になってくる。

今日の私のように、打ちのめされて立ち上がれなくなる時間帯もあるかもしれない。

でも、それから抜け出すことが出来さえすれば、”今”の感情、波動が優先されるから、今この瞬間から生まれ変わって生きることができる。

今さえしっかりしていれば、過去の影響は排除することができる。

今、この瞬間どうであるかが、未来を決めていくのだ。

スポンサーリンク

今の自分の状態に気付くには

そういった意味で、自分を見る訓練というのは必要になってくる。

大多数の日本人は、一日の中で自分を省みる習慣を持たない。

日本人だけでなくて、人間自体がそういうものかもしれないが、外国は宗教という型があるから、自分の内面に目を向ける習慣を持つことができる。

昔の日本人は、肚、腰が出来てたから、身体感覚という部分を頼りにして自己を意識していたと思うが、今はそれもなくなってしまった。

一日中外からの刺激に反応し続けてれば、気が狂っても仕方がない。

苦しくて、メンタルが潰れそうな人だけが、救いを求め、常識外の教えを探し求め始める。

でもいいのだ。スピリチュアルに行き着いた人は、運良く人間として収まるべきところに収まったと言えるのだから。

考えてみて欲しい。

今までの地球上のどの文明を見ても、神を信じていた証拠が残っているではないか。

つまり人間の健全な精神にとって、神は必要であり、今の日本人に置かれた状況は、精神にとって言えば不幸な状況であると言える。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします