宗教を学ぶ意味とは【信じるという行為に根拠はいらない】

宗教を学ぶ 創造する力

宗教は人類にとって有益か

宗教の目的とは、神を信じることに尽きる。

人類の文化上、宗教が存在しているということは、何か人類にとって有益であるからこそだと思う。

何か利点がなければ、不要なものは時間とともに淘汰されるのが自然の常だから。

私も宗教を学ぶ意味を非常に重要なものだと捉えている。

なぜ、神を信じることが人間にとって重要であるのか?

神とは、とらえどころのない存在であり、空想の産物と捉える人々もいる。

未だかつて神が確かに存在しているという事実を突き止めたり、科学的に証明されたことはない。

だから現実的には、実際にはいないものとして認識される。

それにもかかわらず、熱心に、もしくは静かに、確信を持って神の存在を肯定している人もいる。

そんな人々は、神を認めない人からすると、怪しい集団のように思えてしまうかもしれない。

しかし侮るなかれ。

神を信じる人々は、人間の精神の可能性をフル活用しているのだから。

スポンサーリンク

宗教を学ぶ意味とは

彼らは、現実に存在するかわからない神というものを、心から肯定している。

まさに、神を”信じて”いる。

彼らは、一切疑いを持たない。

ここに一つの事実を見ることができる。

「信じる」という行為は、ただ本人が信じることによってのみ成り立つという原則だ。

信じるために、信じるに足る根拠を用意する必要なんて無い。

ただ、本人が信じると”決める”だけでよい。

人類は、宗教に触れ、神を信じるという体験を通じて、人間が持つ信じる力というものを学ぶのである。

人間が持つ信じる力を学んでいない者は、現実に起こっていること、実際に目に見えるもの、理屈が通ることのみに引っ張られる。

自分の外側の世界で起こることを運命と呼ぶならば、彼らは運命にただ翻弄される者である。

しかし、宗教を通じ、自分自身が持つ自由意志、信じる意思の力を学んでいる者は、自らを出発点として現実を作り始めることができる。

スポンサーリンク

あなたは望む未来を信じることができる

そして、宗教を学ぶ過程で得た信じる力を、現実に活かして欲しい。

あなたは自ら、現実を切り開く力を手に入れたのだから。

あなたは、あなたが心の底から望んでいる未来を、信じることができる。

そこに根拠はいらないことを、すでにあなたは知っている。

あなたには、信じるという精神の自由が確保されている。

このレベルまで学びが進んだならば、「愛する」という行為も可能となる。

「愛する」とは、自分を拠り所として、相手に与える行為だからだ。

そこに見返りは必要がないわけだ。

自分が愛すると決めて、愛しているわけだから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
創造する力
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました