不機嫌は甘えである。心理状態に責任を持つのが大人

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

不機嫌は甘え

いつも不機嫌な心理状態

不機嫌になりやすい人。いつも不機嫌な人。

そんな人間はあなたの身の回りにもきっといることだろう。

もしかしたら気づいていないだけで、自分がそういう性格だという人もいるかもしれない。

不機嫌な人と関わらなければいけないときは、とても気が重い。

一緒にいる自分まで気分が悪化してくるし、何かと気も使う。

不機嫌な人間は、周りにエネルギーを使わせているのだ。

不機嫌は甘えであり、自分の心理をコントロールする責任を知らない

不機嫌な人の言い分を聞くと、いつも自分の正当性を説いて、自分以外の誰かが不機嫌の原因を作っていると言う。

しかし、不機嫌な態度を取る人には、そこに甘えが同居しているようにも思える。

非常に反応的な態度であり、自分の意思を行使する努力を放棄しているからだ。

自分で自分の機嫌を取ろうとせず、誰かに機嫌を取ってもらうことだけを考えている。

そして、機嫌を取ってくれなければさらに不機嫌を撒き散らす。

そこに甘えが見て取れるのだ。

感情的な大人を見ると、精神的に幼稚に見えてしまうのはそれが原因だ。

やはり何か事件があっても動じない精神を持っている人に、尊さを感じたりするものだ。

子供は、思ったこと、感じたことをそのまま表現するものだ。

子供のときはそれでいい。

それが子供らしいわけであり、可愛げにもなってくる。

思ったことをちゃんと表現するのも大事なことだし。

しかし、そのまま大人になってしまった人間も数多く存在する。

大人になる過程で、意志力というものが育っていなければいけない。

意志力を使うことで、湧いてくる感情と全く同じ通りに行動しなくて済む。

不機嫌な人は、自分の感情は意志力でコントロールできるということを知らない。

そして、大人が意志力を持っているということは、本人の考えに関わらず、そこに責任が生じてくる。

コントロールできるなら、コントロールする責任が生じるということだ。

車のブレーキが付いているのに、ブレーキを踏まなくていいなんてことはありえない。

危ないと思えば、あなた自身が必要な時にブレーキをちゃんと踏まなければいけない。

それが責任だ。

「でも、相手が信号を無視してぶつかってきたんだ!」

それでも、あなた自身ができる範囲で事故を避ける努力をしたか?

誰かがあなたに嫌な思いをさせるようなことをしてきた。

それでも、あなたは意志力を行使し、感情をコントロールすることで感情を乱されることはなかった。

このようでなければならない。

スポンサーリンク

大人になれば、不機嫌をコントロールする責任が生じる

自分でコントロールできるはずなのに、それを放棄して、機嫌が悪くなったのは相手が悪いんだということをひたすらに主張して回る人がいる。

恥ずかしいからやめなさい。

周りに迷惑をかけていることに気づこう。

もう、子供ではないのだから。

大人になれば、もう立派な責任がついて回るのだから。

あなたの思いに関わらず、ね。

スポンサーリンク

この記事が気に入っていただけたら シェアして下さると嬉しいです

フォローお願いします