自分を変えたいなら頭の中の思考に気を払おう。思考は現実化するから

この記事シェアする

悪魔を出し抜け

なすがままになっていない?

今の自分を変えたいのなら、頭の中で起こっている思考がいかなるものなのか、常に見張っていなければいけない。

人生がうまく行ってない人、自分が嫌いな人というのは、何気ない時に起こっている思考を野放しにしてしまっているのだ。

人間の脳は、想像の中で体験したことを、実際に起こったことと同じように受け止めてしまう。

仕事でお客に理不尽な言いがかりを付けられた経験を、永遠と頭のなかでループさせてしまうと、何十回も何百回も同様のストレスを味わっているという、恐ろしいことになる。

実際の体験と、想像の中の出来事は、脳は区別できないから、身体は同じように反応する。

筋肉は緊張し、顔はこわばり、みぞおちの当たりに違和感が起こり。。。

悪い想像を永遠と繰り返していたら、病気になるのも当然とも言える。

思考はエネルギーであり、エネルギーは固定化する

そしてもう一つ、頭の中の思考の状態に気を払わなければならない大事な理由がある。

私達が生きているこの世界の物理的なルールとして、エネルギーは固定化するというものがある。

そのことについては、ナポレオン・ヒルの「悪魔を出し抜け!」でわかりやすく説明されている。

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

posted with amazlet at 18.04.04
ナポレオン・ヒル
きこ書房
売り上げランキング: 110,342

以前、エネルギー固定化について書いた記事がこれ。

全てはエネルギーである 私達の世界は、エネルギーで成り立っている。 あらゆるものの存在自体がエネルギーで出来ているというのもあるし、...

思考に気をつけなさい。思考はエネルギーであり、この世界はエネルギー固定化の法則があるから。

悪い思考を味わってしまったら、その思いは継続の方向に向かうから。

やがてその思考が現実化し、物質世界に現れるまで。。。。

悪い思考を一切排除しよう!

だから、私達が心がけなければいけないのは、常に心の中を良い思考で埋めておくということだ。

私がおすすめする方法は、ポジティブな言葉を頭のなかで唱え続けることだ。

「私は輝いている」

「私はオーラがある」

「私は自分が好きだ」

「私はスーパースターだ」

「私はイケメンだ」

「私は幸せだ」

などなど。

頭の中で繰り返している言葉なので、実際に声に出さないから何を言ったって良いじゃないか。

言葉の良いところは、実際にそう思えなくても、その言葉を思うだけで、自動的に想像できてしまうことだ。

実際に自分のことが嫌いだとしても、「私は自分が好きだ」というセリフを考えるだけで、頭の中の思考がその通りになる。

悪い思考を追い出してしまうために、常に唱え続けることをおすすめする。

良い思考の癖が付くまで。

ちなみに、潜在意識が認めてないことを顕在意識上で何度も繰り返すと、逆効果になるんじゃないかという意見が出てくるかもしれないが、これは私なりの意見として。

この方法は、顕在意識的なアプローチだ。

脳がアイドル状態の時に持つ悪い考えを、自分にとって良い考えにすり替えるということは、大きなインパクトがあると考えている。

どんな考えでも、実際に身体に影響するし、思いは継続していく法則があるわけだからね。

また、どんな思考をしているか気を配る習慣を付けて、常にポジティブな思考ができるようになれば、最初は反発するかもしれない潜在意識も、やがては変わっていくと考えている。

思考の奴隷になるのでなく手懐けてしまおう

何より、顕在意識上で、気分良く過ごすことができるのでおすすめだ。

ぜひ、試してみて欲しい。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする