【祈りの効果】他者へ思いを向けても自分が幸せに感じる理由とは

祈りの効果 方法

宗教での祈りの効果

宗教における祈り。

教会で祈りにふける敬虔な信者。

はたまた、神社で手を合わせてお祈りをする姿。

キリスト教と神道では少しタイプが違うかも知れないけれど、祈りとは実際的な行動であり、祈る分の時間が当然必要になるのは一緒だ。

祈る対象は、神であり、神道であれば、偉大なる何かとでも言えるだろうか。

祈ることで、心が落ち着き、幸せな気持ちになれるという。

デール・カーネギーの「道は開ける」でも、悩みには祈りが効果的であると書いてある。

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

posted with amazlet at 19.03.26
創元社 (2015-04-15)
売り上げランキング: 20,843
スポンサーリンク

瞑想と祈りの違い

瞑想と祈りは似ているけれども、少し違う点がある。

瞑想はなるべく何も考えないように心を維持するものだけれども、祈りはそうじゃない。

祈りは、何か自分以外の偉大な存在に対して熱心に意識を向け、愛情や感謝、好意などを示すものだ。

瞑想と祈りは、どちらも集中状態に入っているというのは同じだ。

瞑想は無思考状態の維持に集中し、祈りは祈りに集中している。

そんな祈りだけれども、自分以外の存在に対して愛情を向けることで、自分自身が満たされてしまう行為なんだ。

宗教が人を救う所以である。

スポンサーリンク

祈りで幸せを感じられる理由

なぜ他に愛情を送っているのに自分が幸せになれるかというと、結局この宇宙で、感情を生成できる装置はあなたの心だけだからだ。

この私達が生きている宇宙は、主観的宇宙しか実際には存在しない。

つまり私達個々の目から見える形の宇宙しかないという意味だ。

一つの宇宙があって、私達個人が暮らしているとする客観的宇宙は、私達の頭の中にしか実際には存在しない。

私とは何か【宇宙の中心】
私とは何か もうこれは、永遠に解決不可能なことではないかと思う。 例え、人間が宇宙の果てまで調べ尽くせたとしても...

だから、あなたが他者へ送ろうとも、自分へ向けようとも、とある感情を抱いたならば、それがあなたの心に発生し実感するだけだ。

優しさを他人に向けたら、あなた自身が優しい気持ちになれるのだ。

寂しい思いをもし抱いているのなら、愛があなたの中に足りないのなら、あなたの心の中に愛を発生させれば良い。

理屈はあなたを癒やしてはくれない。

この文章を読んでいただいただけでは、救われないんだ。

誰かがあなたを癒やしてくれるわけでもない。

あなたの心は、あなた自身が温めなければいけないからだ。

実際に心に愛が発生することをやろう。

他人に愛情を注いでもいいし、あなた自身に注いでも良い。

どちらにしても、同じようにあなたの心に愛が満ちるからだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
方法
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました