生活のパフォーマンスを上げるには、靴、ベッド、椅子が大事

体に合ったベッド 方法

人間は常に必ず接地している

私のポリシーとして、靴とベッド、椅子には多少高くてもこだわりを持って選ぶ、というものがある。

人間は生きている限り体の一部が接地している。

宙に浮いている人というのはいない。

その接地面をなるべく負担を和らげておくことが、長い目で見た時に健康状態を良好に保つ鍵となると考えているからだ。

私にとって靴とベッド、椅子に払う金額は、多少高くついても、余りある自己投資として捉えている。

靴の状態で、日中の仕事の疲労度が全然違ってくるし、家にいる時にPCで作業している時、もしくは本を読んだり動画を眺めたりしている時に座る椅子も、生活をともにする家具であり、体重を預けるものになるので、合ってない椅子を選んでしまったら、長い目で見た時に体に歪みが発生したりもしてくる。

ベッドに至っては、一日の疲れを回復する睡眠の質を左右するものになるので、特に自分に合ったベッド選びが必要だ。

私が現在使用している3つのアイテムを紹介していく。

スポンサーリンク

靴はリーガルシューズ

まず靴である。

私はリーガルの革靴を履いている。

本当はスニーカーが一番負担が軽くていいのだが、ビジネスの場では革靴を選ばなければいけない。

リーガルは日本の会社で、日本人の足に合った革靴を作り続けていることで有名だ。

当然だが、いくらいい靴でも、靴は自分に合ったサイズ選びが肝心だ。

必ず試着してから買うようにしよう。

スポンサーリンク

椅子はハーマンミラーのアーロンチェア

次は椅子を紹介する。

私はハーマンミラーのアーロンチェアを使用している。

私は冗談抜きで、この椅子に出会ってから人生がまるで変わってしまった。

それまで私は腰痛持ちで、おそらくは軽いヘルニアになっていたのかもしれない。

一番悪化している時は、足まで痛みが来ていたからだ。

なぜ腰痛になってしまったかと言うと、これは長年の生活習慣としか言いようがない。

私は極度に体が固く、子供の時はこたつで勉強していたのだけど、あぐらをかくと腰が曲がってしまうのだ。

そんなことから、10代の時から腰の激痛に悩まされて来た。

ずっと騙し騙し来ていたのだけど、ある時痛みが膝にまで来て、まともに歩けなくなってしまった。

接骨院に通ったけど全く良くならない。

そりゃそうだ。

普段の座り方を改善しなければ、治りようがない。

改善方法を自分なりに探ってみると、座った時に腰を強力な力で支えてくれて、骨盤が後ろに倒れないような椅子があれば最高だということがわかった。

しかしなかなかそんな椅子は見つからない。

色々調べていくうちに、ハーマンミラーの椅子がどうやら良いようだということがわかった。

が、めちゃくちゃ値段が高い。。。。

私はラインナップの中でも一番安い、アーロンチェアを購入することにした。

アーロンチェアは、自分の体に合うように調整できる椅子だ。

その椅子に座って数日。

なんと、腰の痛みが消えてしまったのだ!

ヘルニア気味にぴょこっと出ていた神経が、アーロンチェアの腰のサポートにより、多分中に押し戻されたのだと思う。

それ以来私は腰痛に悩まされることはない。

自分にとっては、値段は高くともコスパ的には最高の買い物となった。

ベッドはフランスベッド

最後にベッドだ。

ベッドはフランスベッドを使用している。

フランスベッド マットレス ホワイト色 シングルサイズ ZT-030 38491100
フランスベッド
売り上げランキング: 110,866

フランスベッドという名前だけど、国内の会社となる(笑)。

私は腰痛持ちだったので、寝ている間に腰痛が悪化するというのも長年の悩みだった。

横になった時、背骨の反りが失われ、背骨の腰部分が床面に向かって落ち込むことで腰痛が悪化していた。

和式の敷布団だと薄くて完全にダメで、洋式のマットレスを選択する必要があった。

固い床面に寝ると、腰痛にならないのだが、そのかわり体が痛くなってしまう。

マットレスは適度な硬さを保ちつつ、腰が落ち込まない程度の柔らかさを併せ持つものが必要だった。

マットレスの選択肢として、ポケットコイルとスプリングがある。

ポケットコイルは沢山のコイルが入っていて、体の重さがかかる部分だけ沈み込むタイプとなる。

スプリングは、マットレス全体がつながっているので、一部が重さで落ち込むと、周りの部分も落ち込んでしまう。

調べていくと、ポケットコイルは柔らかすぎるきらいがあって、自分には硬めのスプリングが合っているのではないかと判断し、上記のフランスベッドを買うに至った。

結果は大満足である。

寝ている間に腰痛は悪化しないし、体の疲れも良く取れるようになった。

接地面のアイテムにはこだわりを持とう

人の体の接地面の圧力をどう和らげるかは重要だ。

なので、接地面のアイテム、靴、椅子、ベッドは、自分の体に合った質の高いものを選んだほうが良い。

これらのアイテムを吟味することで、必ずやあなたの生活が変わっていくことを、私が保証する。

靴、椅子、ベッドに投資することは、非常にコストパフォマンスに優れている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
方法
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました