右脳は遅れてやってくる。あなたに備っている天才脳を活用しよう

right brain テクニック

結論を出すタイミングがずれる

我々が頭で考えている通常の思考は左脳を使っているが、同時にバックグラウンドで感性的な知性である右脳も働いている。

しかし、それぞれの脳が結論を出すタイミングが違うので、そこを知っておくとより右脳を活用できるようになると思う。

 

基本的に、左脳の結論づけは早く、右脳は遅い。

というか、我々の意識は、すぐに答えを欲してしまうので、あまり深く分析してなくても、ある程度で結論づけてしまうから早く答えが出せてしまう。

 

右脳の遅延がわかりやすい例は、家から出た時だろう。

出かける準備が済んで、よし、忘れ物ないと思い、外に出てしばらくすると、

「あ!エアコン消し忘れてた!」

「あれ持ってくるの忘れた!」

と後から気付くのである。

 

左脳は、安直にOKサインを出すが、右脳が警告を発するのは少し経ってからなので、できれば外出する時は時間の余裕を見たほうがいい。

 

スポンサーリンク

右脳を使えば成功は簡単

 

これと同じことが、全てにおいて当てはまる。

 

皆さんは引き寄せをやっているだろうか?

やってなければぜひやったほうがいいのだが、これも、右脳を味方につけて夢を叶える方法だから、願ったら翌日すぐに叶うわけじゃないけれど、多少時間が経つとみるみるチャンスが引き寄せられてくる。

指数関数的とも言ってもいい。

 

むしろ世界が、これでもか、これでもかと、自分の夢を叶えさせようとしてくるくらいの錯覚に陥る。

 

フォトリーディングという速読法があるが、これは右脳に本の文章をインストールして、一晩寝かせることでうまく右脳に処理させている。

 

人間の意識の時間感覚と、右脳の時間間隔は違うのである。

だから、慌てないということが大事だ。

 

スポンサーリンク

右脳の使い方に慣れ親しもう

 

人生をうまく生き抜いていくには、右脳の助けを借りることは不可欠である。

多くの人は、左脳を使って自分で考えることだけが、脳の機能だと思っているから、やたらと大変な思いをする。

右脳とは、無意識の脳であるから、右脳に課題を与えたら後は放っておけばいい。

 

成功者は、何かしらの形で右脳をうまく使っている。

右脳は人間であれば全員に備わっているスーパーコンピューターであるので、それを活用しなければもったいない。

ぜひ、右脳の時間感覚を知って、うまく利用していこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました