あなたはどっち?上に立つ人間とそうでない人間を分ける特徴を知ろう

この記事シェアする

上に立つ人間

なぜあの人は注目を集めるのか

なぜ一目置かれる人間と、そうでない人間というものが存在するのか。

そういった人間の違いは、一言で表すと魅力の違いと言っていい。

ぱっと見で、魅力の違いとなると一目瞭然になってしまう。

その人の印象によって、なんとなく好ましい、なんとなく避けたい、という違いが出てしまう。

そういった印象は残酷で、たとえセリフとして同じことを言ったとしても、聞いてくれるかどうかすら違ってきてしまう。

一目置かれる、というのは、なんとなくこいつはできる奴っぽい、と思われるということになる。

まあ、実際は実績とかも絡んでくるかと思うが、大部分は単なる印象で選んでいると思う。

もし、もっと人に認められたいと願うなら、そういった非言語的な魅力についても気を使うべきだ。

そういった部分に目を向けないってことは、要は自己発露でしかないってことだ。

他人にどう見られるかも意識しなければ、たとえ良いことを言ってるつもりでも、誰も付いてこない。

一目置かれる奴の特徴

一目置かれて、頼られたりする人間ってのは、色々特徴があって、まず落ち着いている。

落ち着きってのは、身体的な落ち着きだ。

体の揺れが少ない。

フラフラしてない。

手をあちこち動かして、体のどこかを掻いたり、髪の毛をかきむしったりするのも目障りで落ち着きがなく見える。

体のブレを少なくするためには、姿勢が良くないといけない。

猫背ではまずいし、片足に体重を乗っけるのがデフォルトの姿勢でも良くない。

体の揺れは、心の揺れとも取られてしまうので、気をつけたほうが良い。

二つ目は、先程言ってしまったが、猫背は良くない。

政治家で、猫背の人間はいるだろうか?

リーダーと言われる人で、猫背はいるだろうか?

そういった人間はほぼ必ず、首がまっすぐになっている。

意志の強さを感じるのである。

背骨から頚椎にかけて、まっすぐにしてあげると、神経の通りが良くなるのではないかと思う。

また、頭に酸素も行き渡るようになるんだと思う。

そういった影響で、猫背でない人間は、意識度が高い印象を受け、気が充実して見える。

3つめは、声である。

声が自信なさげでは、リーダーとして心もとないではないか。

私の印象としては、日本人は声質に気を使っている人間はほぼいない。

「もったいないなぁ」と思うことがいっぱいあるのである。

腹式呼吸で、声を出す。

歌を歌うときのように、喋るときも、どんな声なのか気を配る。

こうやってあらゆる面で聞き手を魅了することで、ただ喋ってる内容以上に、人を引きつけることが可能となる。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする