女性はセックスした男を好きになるのは本当か?

セックスした男を好きになる 人間関係

女性はセックスした相手を好きになるか?

一部の男性の中で確信に近い形で信じられている考え方がある。

「女性はセックスした男を好きになる」だ。

そのために、ストリートナンパに繰り出す男は多いのだし、狙った女性に対してなんとかしてベッドインしようと試みるわけだ。

しかし、これは果たして真実なのだろうか?

不器用な人間にとっては、異性とのお付き合いの仕方もわからないので、意中の相手の気持ちを得られる鍵があるのならぜひ知りたいところだろう。

私が今までの知識と経験を総合して得られた結論としては、答えは○だと思う。

スポンサーリンク

好きな感情は二種類に分けられる

確かに、女性はセックスした男を好きになる。

まずは「好き」という感情について正しく理解しないといけない。

日本語の好きという感情を、わかりやすくLikeとLoveに分けてみようと思う。

Likeの場合は、これは相手のことを異性として意識している場合になる。

つまり言葉を変えれば、性的に意識し興奮しているということだ。

だから、相手に対して何らかの形で性的に意識をさせてあげれば、相手の脳は自分のことを好きだと認識するようになる。

これはセックスのみではない。

軽いスキンシップである、手をつないだり、肩を抱いたりすることによっても、意識させることができる。

むしろ最初は軽い方から始めたほうがいい。

一番最初は、偶然を装って軽く手を触れ合い、それによって反応を確かめるくらいが良い。

相手が拒否の素振りを見せなければ、そのまま手をつないでみればいい。

当然その前に、会話で仲良くなっておく必要があるのは言うまでもない。

レストランで会話が全く盛り上がらず、店を出た時に手を触れようとしたら、その手は引っ込められることは間違いない。

モテない不器用な人間は、好きな相手に対して性的に仕掛けることを、相手のことを大切に扱っていないと捉える場合がある。

しかし、誠実を振る舞い続けたとしても、関係が発展する機会は生まれず、何回目かのデートでお断りを受けることになるだろう。

女性としても、好きな気持ちを抱いていない相手の告白を受けることもできないから。

だけど馬鹿な男性は、これを知って性的に刺激することのみをやろうとする。

男の脳は、女性と比べて単純で、一つの物事にこだわりやすいから。

時々捕まってしまう大学生などはこれに当てはまる。

高学歴の学生は特に、正解不正解の世界観があるから、100発100中で上手く行ってしまうと思い込む。

もう一つの好きな感情として、Loveがある。

Likeが性的興奮の自分への刷り込みだとすると、Loveは安心感に近い。

相手と一緒にいると、落ち着き安心する。

相手のことを信じている。

そういった感情である。

スポンサーリンク

セックスで好きになるが、やっぱりバランスが大事

アホな男性は、女性を落とすためにLikeの感情ばかりを刺激しようとするが、ちゃんとしたお付き合いのためには、LikeとLoveの感情は程よくバランスが取れている必要がある。

私達はロボットではないのだから、一方のみで上手くやろうとしてもうまくいくはずがない。

昔、ある女性に迫っていた時、こう言われたことがある。

「ちょっと待って!私達まだ付き合ってないでしょ?

普通キスしたりHしたりってのは、お互いに好きになって、お付き合いが始まってからするものじゃないの?」

彼女の言うことは正しいように聞こえるが、彼女のとおりにやろうとしたら間違いなくその恋愛は成就しないだろう。

この時は、私が性的刺激に偏ったやり方を取ってしまったがためにこう言われてしまったのだが。

やはり、LikeとLove、どちらの能力も使っていく必要がある。

わかりやすく言い換えるとLikeはスキンシップ、Loveはコミュニケーションや思いやりなどとなる。

順番としてはまずはコミュニケーションで、相手の心の壁を崩し、打ち解けた関係を構築する。

相手の心の壁を取り外したら、スキンシップによって、好きな気持ちを刷り込んでいく。

どちらもバランスよく進めていくことによって、長く幸せな恋愛関係が続けられると思う。

人間関係
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました