【運命の人なんていない】理想の相手を求めるのは終わりにしよう

理想の相手 人間関係

運命の人はいるのか?

好きな人ができてお付き合いできれば、お互いが同じ気持ちであり、世界で一番お互いのことをわかり合っているような気分になるだろう。

しかし、たとえそんな素晴らしい感情を抱かせてくれるような、理想的で運命の人だと思える相手だったとしても、必ずどこか我慢している部分だったり、不満なところってあるものだ。

実際に恋愛している人の口から出てくるのは、相手の愚痴ばかりではないか。

しかもそんな相手への不満は、日に日に増幅されてきて、自分自身とは相容れないほどの差異を感じてしまうこともあるだろう。

きっとこの人とは違ったんだと思って、別れてまた新たな恋を始めたとしても、新しい相手にも全く別の不満点が出てきてしまう。

そんなことを繰り返していくうちに、恋愛することがストレスとなり、そこに労力をそそぐことに意味を感じられなくなってくるかもしれない。

いわゆる恋愛疲れというやつだ。

このまま理想の相手とは一生出会えないのかな。。。

そんな風に諦めの心境に陥るかもしれない。

そんな人は、そろそろ理想を追い求めるのをやめたほうがいい。

スポンサーリンク

もともとあなたはちゃんと相手を選んできた

まず、好きで付き合い始めるまでに、あなたは多くのフィルターを相手にかけているはずだ。

吟味の結果、フィーリングが合うし、外見的にも好みだし、興味も合うことが多いし、という感じで厳選された相手とお付き合いしているに違いない。

でも、付き合ってみるとお互いの違いが発覚する。

これはあなたの見る目がなかったのでは決してなくて、もともと人付き合いとはこういうものだと思ったほうがいい。

もともと、人同士は違って当たり前だ。

生まれも育ちも違う相手だから、培ってきた性格や好みはズレが出て当然だろう。

しかも厄介なことに、宇宙人レベルで違う。

厳選に厳選を重ねた相手でも、だ。

だから、自分に合う相手を探す努力は大事だ。

もしそれすらしなかったら、違いがありすぎて5分と一緒に過ごすことも無理な相手だろうからね。

相手を自分なりに見定めて、フィーリングが合うし好きだと思えるなら、お付き合いすればいい。

スポンサーリンク

理想の人や運命の人なんていない

でも、生きてきた人生が違う相手だから、ぶったまげるような習慣だったり、考え方や態度だったりに次第に出くわすだろうが、そのことでショックを受けすぎないように。

この人は違ったんだ」と判断するのは多少待って欲しい。

白馬の王子様を待ち続けてはいないか?

残念ながら、完璧な相手はいないよ。

好きで付き合っている相手なら、自分が苦痛でない範囲で、相手の特徴を受け入れ、なるべく理解してあげるようにしてはいかがだろうか。

Advertisements
Advertisements
人間関係
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜こじれてしまった自分への処方箋〜

コメント