生きていると精神が疲れるデリケートな人のための3つの対処法

精神が疲れる テクニック

デリケートな人の疲れた精神はビーカーに舞う浮遊物のよう

熱したビーカーの中に舞う無数の浮遊物は、熱するのをやめて時間を置くと、やがては底に堆積し、水の動きも止む。

人間の精神も同じようなものだと思うのだ。

私達のほとんどは、一人だけで生きているのではなく、社会に出て様々な人と関わりながら、右往左往して生きている。

私達の精神は、外で活動をすると熱したビーカーの中身のように、激しく乱れる。

デリケートな人間は、それでやられてしまうのだ。

外部の活動によって疲れ果てて、エネルギーを失ってしまう。

私が良く使う表現である、”先天の気”が少ない人間のことだ。

生まれてくる時に親から受け継いだ気の量が少なくて、ちょっとしたことで気を奪われやすく、それによってすぐに不安定な状態になってしまう。

先天の気が少ない人間は、外部からの影響により、ビーカーの内容物が激しく水の中で舞う。

つまり外的要因によって精神が乱れる。

スポンサーリンク

疲れた精神を癒やすには冷却期間が必要だが・・・

彼らが回復するには、一人きりになって、静かな部屋で時間を過ごす必要がある。

ビーカーを冷却させ、浮遊物体の沈殿を待つのだ。

そんな人間は、平日は仕事で疲れ果て、土日は乱れた精神を回復させるために、自分のための時間の使い方をする。

それでは、ライフワークと捉えていないであろう仕事に、人生を消費させられるだけだ。

(先天の気が少ない人間は、反応的な生き方をしている場合が多いので、選んだ仕事もきっと好きな仕事ではないだろう。)

そうなりたくなければ、乱れやすい精神を整える方法を覚える必要がある。

スポンサーリンク

私が意識している精神回復方法

私が気をつけている方法は3つある。

1つ目は、夕飯を軽くするということだ。

精神が疲れていると、ついハイカロリーなものを食べたくなる。

しかし、これは全く良い影響を及ぼさない。

短絡的な心理は喜んでも、体にとっては毒なのだ。

量が少なくて、消化の良い食べ物が良いだろう。

口にしたものを分解し消化するのも、体は体力を使っているのだ。

仕事で疲れて帰ってきているのだから、これ以上体を疲れさせないようにしよう。

2つ目は、瞑想だ。

これは熱せられたビーカーを冷却する作業のようなものだと思ったら良い。

瞑想で意識することは、なるべく考えないように注意すること。

体の力を抜いて(力が入ると雑念が生じる)、何か一つのことに意識を集中させる。

そして、呼吸は浅くしたほうがいい。

そうすればだんだん意識がクリアになってくることに気がつくだろう。

3つ目は十分な睡眠である。

先天の気が少ない人は疲労しやすい。

その疲労が精神の乱れを生む悪循環があるのだ。

疲労を抜くのに最も効果的なのが、睡眠だ。

疲れを感じる時は、起きていてもパフォーマンスは上がらないので、いつもよりも早く寝てしまおう。

先天の気が少ない人間は、この産み落とされた世界で生きていくのに少々ハードさを感じてしまうのだが、普通の人よりも生活上の注意を増やしながら、ぜひ生活改善をして、人生を少しでも上手くやっていこうじゃないか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました