朝がめっちゃ辛い私でも早起きできた方法

早起きのコツ テクニック

朝寝坊常習犯の私が早起きできている

私はここ数日間は、朝4時台に起きることができている。

前ブログで言ったことがあるが、私はとても朝が辛いのだけれども、今はうまく行っている。

朝一杯の水こそ寝起きが悪い人に効果的だ
寝る前に水を飲む習慣は誰しもあるのではないかと思う。しかし、私達は寝起きの体の状態について意識が足りていないかも知れない。寝ている間に体内の水分は尿に変換されたり、汗として外に出されていく。その結果、寝起きの体は軽い脱水状態になっていると言えるのだ。

なぜ早起きできるようになったのか、記録しておきたい。

スポンサーリンク

疲れを取るために睡眠時間を伸ばそうと早めに寝たのがきっかけ

今までは朝6時に起きていたのだが、寝起きは昨日の疲れが残っていて、起き上がるのが精神的に辛い状態だった。

夜は12時に寝るようにしていたのだけれども、それでは睡眠時間が足りないのではないかと考え、11時に寝るように生活パターンを変えてみたのだ。

そうしたら、朝は4時台に自然に目が覚めて、あまり苦じゃなく起きれるようになってしまった。

だから、もともとは早起きするつもりはなくて、疲れを取るために早めに寝て睡眠時間を確保しようとした結果、睡眠時間は今までとあまり変わらずに、スッキリと朝目覚めることができるようになった。

睡眠時間にはゴールデンタイムがある。

一般的に22時から2時までの間に眠りの状態にあると良いと言われている。

その間に寝ていると、成長ホルモンの分泌が盛んになるそうだ。

同じ時間を寝るにしても、ゴールデンタイムに被せるように寝たほうが、断然睡眠の質が変わってくるわけだ。

私自身、非常にそのことを体感として感じている。

だから二度寝も防げるし、結果的に今までよりも短時間の睡眠でも大丈夫となる。

しかし、夜の予定が入っていないここ数日間は早く寝れたが、もし夜に予定が入ってきた時に、必ずリズムが崩れることになるので、その時にどう立て直すかが勝負となりそうだ。

スポンサーリンク

仕事後に何かをやろうとするのを諦めた

私が早寝早起きに変えた理由として、別に挙げられるのが、仕事後のその日の疲労だ。

仕事後は疲れが溜まっていて、体力的にと言うよりも、精神的にエネルギーが枯渇している。

だから何もやる気が起きない。

しかし、案外仕事後の時間は多いもので、その時間をただネットサーフィンに費やしてしまったり、無駄に使ってしまうことが多かった。

じゃあ、仕事後は疲れが溜まっているのなら、そこは頑張って生産的なことをやろうとせずに、諦めて寝てしまったほうが良いのではと気付いたのだ。

どうせくだらないことをしているくらいなら、寝て疲れを取って翌日に備えたほうがマシではないか。

結果は大成功だ。

このブログも、朝の出勤前に書いているところだ。

夜、疲労しているところに、ブログを書くという言語を司る作業を行うのは、脳にエネルギーが必要となるので、なかなか厳しさを感じていた。

しかし、朝のフレッシュな状態の脳であれば、発想も出てきやすく、スラスラと効率よく書けてしまう。

朝が辛いと感じる私でも早起きできた方法とは

早起きのコツは、ずばり早寝だ。

それによって睡眠の質が向上し、睡眠時間も今までより減らすこともできる。

そして、作業は仕事が終わった後にやるよりも、朝行ったほうが効率よく片付けることができる。

ぜひ、試してみて欲しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テクニック
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました