行動の影響力。人間はどんな行為でも自己正当化する生き物だ

この記事シェアする

マインドフルネス
スポンサーリンク

一回の行動でも心理に影響する

自分の取る行動に気をつけよう。

一回した行動は、後々に影響してくるから。

それが直感でわかっている人間が時々いる。

そういった人間は、子供の時なら、万引きを誘われても断るし、タバコも周りが吸ってても自分は吸わない。

多くの人間は、バレないから平気、一回だけなら平気、ということで、色んな悪さを経験する。

人間の心理は、行動に影響を受ける。

人間は自由意志で物を考えているのではない、ということは現代では常識レベルになってきている。

自分のした行動に、心理が引っ張られるのだ。

自分のした行為は正しいと思う

自分の行動は、自分の意思で選択したと錯覚しているから、自己正当化を始める。

そして、その行動が強化されていくのだ。そしてやがては習慣になる。

危ういものには一度たりとも手を出さない、というのは、もはや理屈じゃないんだろうが、心の尊さすら感じる。

現代の損得勘定では理屈に合わない思考だからだ。

例えば、女性は、お付き合いをしていない男性と一夜を共にすると、その男のことを好きになってしまうことが多い。

これは上の仕組みで説明できる。

「まだ付き合ってない男とHをしてしまったのは、朝起きてみたら少々不本意だけど、私はそんなに安い女じゃない。そう、あの男のことが、実は好きだったんだ。」

と思考を巡らせて、数日後には男に連絡を取るのである。

これが、ヤリチンばかりがモテて、誠実にしている男は一向にモテない理由だ。

くれぐれも、自分の行動には注意しないといけない。

なりたい自己イメージを描いて、それに合った行動をするべきだ。

自分を貶すようなことはしてはならない。

バレなきゃ構わないということは無いのだから。

どこでどう影響してくるかわからない

どうも、自分の行動は見える人にはバッチリ見えてしまっているらしい。

星空に、自分の行動が全部書かれてるとしたら、それは恐ろしいことじゃないか。

占い師に見てもらって、そんな気持ちになった人は多くいるはずだ。

バレなきゃオッケーってことはない。

どこかわからないところで記録されているかもしれない。

何より、間違ったエネルギーの使い方をすべきじゃない。

自分のためになるように、考えて使っていかないといけない。

良い習慣が増えるように。

スポンサーリンク

この記事シェアする

フォローする

スポンサーリンク