経験しないとわからないは嘘【想像力を働かせよう】

想像力を働かせる アイデア

私達は、経験しないとわからない存在なのか?

何事も経験からしか学べない、経験しないとわからない、そう人々は言う。

確かにそのとおりだと思う。

私自身も実践主義で、実際に見たりやってみたりして確かめた上で判断するタイプの人間だから。

しかし、理想的なことを言えば、人間ならば想像力があるのだから、経験していないことも疑似体験してみることだってできるはずなんだ。

想像力とは、人間だけに備わっているものだ。

動物は経験からしか学べない。

つまり、動物と人間を分ける特徴の一つとして、想像力があるかどうかがあると言える。

自分のお葬式の場面を想像し、家族や友人が悲しんでいる姿を思い浮かべられるのは、人間だけができる特殊技能のおかげなのだ。

想像力は人間ならではのものなので、意識して使ってみたらいいと思う。

もし、学習を経験だけに頼ると、無用に心や体を傷つけてしまうし、そんなことをずっと続けていかなければいけない。

学校で先生が叱る時、最初は言葉で叱っても、生徒の想像力が無いと、先生の言うことがイメージできず、全然反省につながらない。

あまりに聞き分けがないと、先生はビンタを振るうかもしれない。

そうすると、生徒は感じた痛みや衝撃により、過ちを実感し、反省するのだ。

このように、想像力を働かせないと、痛みによって教え込まれるものなんだ。

せっかく想像力を持つ人間なのだから、使わないと動物の学習パターンと一緒になってしまう。

スポンサーリンク

想像力を働かせれば、実際に経験しなくてもわかる

想像力をうまく使うと、自分の大切な時間やリソースをセーブできる。

例えば、生活の中では、様々な誘惑が存在している。

あなたに不倫ができる機会が転がり込んできたとする。

あなたにはすでに家族がいる。

ここで人間の高次の脳機能である想像力を働かせて、もし実際に不倫をしてしまったらという状態をイメージしてみる。

あなたはどんな気分にさらされるだろうか。

後ろめたいだろうか。

今後ずっと、足がつかないかヒヤヒヤしながら家族と相対することになるだろうか。

家族を裏切ったという罪悪感に苛まれるだろうか。

想像力を働かせれば、実際に行動を起こす前に、そこまで行って疑似体験して帰ってくることができる。

スポンサーリンク

想像力のなさを露呈すると社会での評価が下がる

芸能人の不倫を叩きたくなる人々の心理として、普段売っているイメージとのギャップがある。

テレビ上で見せている姿は装っていて、実際は後先考えず直近の快楽に身を委ねるような、想像力のない人間だったんだな、という期待はずれから来る。

人間と動物を分けるのは想像力と言ったが、人間の想像力の欠如した様子を見せられると、人間的な高次の脳機能を働かせていないということで、軽蔑視されてしまう傾向があるので注意したほうが良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイデア
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました