愛とは何か。自愛とは何か。

自分を愛するというのは、自分に時間を使うということ。

愛情とは、関心を持つこと。

こだわりを持つこと。

偏愛。

それに時間を費やすこと。

 

時間イコール命。

時間イコール命であるならば、愛とは投資である。

愛の総量に上限があるならば、どれに愛を振り向けるかを選択しなければならない。

 

身なりが適当になっているのは、自分への愛が行き届いてないシグナルになる。

 

自分が関心を持つことが存在につながるので、外に関心を持つと言うことは、外の問題をわざわざ存在させてしまってると言うことになる。

ゲシュタルトは一つしか取れないので。

その間、自分自身は存在していない。

自分を存在させ続けることが自愛。

 

自愛とは無理やり自分の感情をポジティブに変えることではなく、ただ自分の感情に目を向けること。

自分自身のそばにいてあげること。

心の叫びを聞いてあげること。

何を感じているのか、ただ気づいて認識してあげる、日記を書くという作業がなぜメンタルに良いかと言うと、否が応でも自分に寄り添うことになるから。

自分に寄り添うことこそが自愛であり、やっとその瞬間に自分の精神がこの世に存在することになるから。

自分に目を向ければ外の世界は存在しないことになり、まさに幻想となる。

この世は幻想である、ではなく、幻想とさせるか否かは自分次第だと言うことになる。

正確にはすべてが認識であり幻想であるのだが、何を実際にあると認識するか、ということ。

 

自分以外に関心を寄せると言うことは、外に幸せを求めていると言うこと。

本当の幸せは自分の中にある、とは、結局外を見ても本当の自分自身は満たされることがないから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイデア
もし記事を気に入っていただけたらシェアをお願いします
みちをのフォローをお願いします
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自分取扱説明書 〜あなたの可能性を引き出すブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました