スピーチ作成はロジックを積み重ねていく作業

一本のスピーチを作り上げるのは、確かに大変な作業だ。

上級者のスピーチを見ると、何かその人には特別な才能があるかのように思えてくる。

しかし、私はトーストマスターズクラブで何度もスピーチさせてもらう中で、決してそうではないんだということに気づき始めた。

聞き手から良いスピーチだと評価されるために必要な、基本的なポイントというものがある。

それは

  • 話の構成
  • 表現方法
  • 説得力

である。

そして、本番で準備したものを100%に近い形で出せるような、本番までの準備が必要になる。

つまり、スピーチの能力というのは、天賦の才能で決まるのではなく(確かに素質というのは多少存在するのは否定しない)、良いスピーチを決める要素があり、それを表現できればいいだけなのだ。

やるべきことは決まっているので、それを粛々とレベルを高めていくだけなのである。

スピーチの準備でやるべきことは決まっているのだから、自分に委ねられるのは、時間の使い方ということになる。なんといってもどれだけ準備したかがモノを言う。

また、このことは他の様々なことにも応用が効く。

大体のことについては、最初からこうやるべきというのが決まっていて、条件をしっかり把握し、労力を惜しまずに質を高めていけば、不可能なことというのは逆に少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする