ブログの題名にGoogle Fontsを使ってみた。その導入方法

ブログの題名、どうしてる?

もうちょっとインパクトがほしい

ブログの題名をwordpressでただ打ち込むだけでは、標準的なフォントで表示されるだけだ。

2016-04-27_22_10_32

ブログ名くらいは何かインパクトが欲しいところ。

サイト名は、画像ロゴを作って設置するという方法もある。しかし今回は、シンプルさも保つということで、フォント指定でなんとかしたい。

英語ならユニークなフォントがたくさんある

問題は、日本語の題名だとフォントも当然日本語になり、あまりバリエーションがないことだ。皆さんのPCやMacの中にある日本語フォントは、英語と比べてあまり数がないはずだ。そこであまりユニークなフォントを指定してしまうと、場合によってはこちらで指定したフォントが相手側のPCに入っていなく、そのフォントで表示されないことが考えられる。

そこでブログ名を英語にすれば、英語フォントなら数多くのユニークなフォントが存在するので良さそうだ。

WebFontなら見る側の環境によらずに設定できる

サイトで指定できるフォントの中には、WebFontというものがある。Web上に存在するフォントを指定すれば、見る側の個々の環境に依存されずに済むようになる。Google FontsというWebFontを今回は使用してみることにする。

やり方

Google Fonts に行く

Google Fontsに行き、ブログ名を打ち込んでみて、確認しながら気に入ったフォントを探す。

2016-04-27_22_19_08

フォントをサイトに導入する

気に入ったフォントが見つかったら、ボタンをクリック。

2016-04-27_22_23_12

コードをヘッダ部分にコピペする。

2016-04-27 22.25.28

そしてこのCSSを題名に指定してあげる。

2016-04-27 22.26.49

できた!!!

2016-04-27 22.28.48

まとめ

このように、Google Fontsなら手軽に利用でき、設定も簡単にできる。

しかもインパクトのあるフォントを指定することができる。

ちょっとドットが荒いような気もするが、ひと味違ったフォントを指定したかったらGoogle Fontsはおすすめだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする